FC2ブログ

スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

ありのまま / 2003-10-31 (Fri)

今日はハロウィン。
日本でも、店頭でオレンジ色のかぼちゃのグッズを見かけるようになって久しい気がする。
だけど仮装してお菓子をもらいに近所をまわるということはない。
そこまでするようになることはきっとないんだろうと思う。

アメリカで、もう成人している大人が仮装しているのを見かけた。
そういうことをいつまでも楽しむことができるっていうのはいいなって思った。
とっても奇抜な格好なんだけれど、それを恥ずかしいと思わないで
堂々としていられるのがうらやましいと思った。

周りの人がどう思うかって結構気になる。
だから行動にもそれが影響することがある。
そういうのじゃなくて、ありのままの自分を素直に出せるようになりたい。
人の基準で判断するんじゃなくて
自分自身の経験から考えて、できた基準をもとにして、判断することに気兼ねしたくない。

もちろん人に迷惑をかけてはいけないし、気配りも必要。
その判断が間違っていることもあるかもしれない。
でも、間違っているならそれはそれでいい。
間違ったことを素直に受け止めて、次にまた考える時の教訓にすればいい。
自分の信じるように進んでいけたらそれでいい。
スポンサーサイト
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

オリオン座 / 2003-10-30 (Thu)

夜遅くに道を歩いていたらオリオン座が見えた。
大阪市内では星がくっきり見えないけれど
家の付近は田舎だからか結構星がきれいに見える。

夏なら北斗七星、冬ならオリオン座
夜空を見上げる時は、いつもなぜかそれを探している。

星にまつわる神話がすきで、子供の頃に、科学館で買った星座の本をわくわくしながら読んだ。
でも、それは所詮は星座の本だから、たいして詳しい内容ではなかったんだけれど
子供にはそれで十分だった。

オリオン座にはどんな神話があったんだっけ?
『ギリシャ神話』久しぶりに読んでみたくなった。
空のこと | コメント : 2 | トラックバック : 0

実りの音 / 2003-10-29 (Wed)

今日は雲ひとつない快晴。
日向にいると太陽の暖かさが体の芯まで届いてくる。

パチッ、パチッという音が聞こえてくる。
なんだろう。
枯れた草の間から聞こえる気がする。
気になって音のするほうへ見に行った。

枯葉のこすれる音とは違うそれは雑草の種がはぜる音。
乾燥した豆の形の殻がはぜてくるりと反り返っている。
パチッ、パチッ、ゆっくり時間をかけてはぜている。
自然の力、自然の音。
穏やかなひと時。

もう少し感じていたい。
寒くなる前に、もう少しだけ。
感じたこと | コメント : 2 | トラックバック : 0

「子は親の鏡」 / 2003-10-28 (Tue)

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
(2003/09)
ドロシー・ロー ノルト、レイチャル ハリス 他

商品詳細を見る


図書館で見つけたハードカバーの本。
クリーム色の表紙で挿絵がきれいだった。
『こころのチキン・スープ』
その本は心温まる話が集められていた。
人それぞれで捉え方は違うと思うけれど、私は素直に心が動いた。
そんな中に見つけた一編の詩。
「子は親の鏡」
最近涙もろくなっている私にこれはかなりきた。

先日本屋さんに久しぶりに行って、何気なく平積みにされている本を手にとってみたら
偶然この詩を扱った本だった。
学習本以外の本をこの頃買わなくなっていたけれど
これは手元に置いておきたいと久しぶりに思った本。
『子どもが育つ魔法の言葉』ドロシー・ロー・ノルト/レイチャル・ハリス著 PHP文庫

吹っ切ることができるかもしれない。
新しい自分になれるかもしれない。
そんなきっかけをいつもさがしている。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

記念切手 / 2003-10-27 (Mon)

手紙をだす時は記念切手を使う。
季節感があるものや地域性のあるものが多くて、受け取る側も楽しいかと思って
こまめに発売日をチェックしてこつこつストックしてきた。

春に手紙をだす時はやっぱり桜。
毎年発売されるから数種類手元にある。
秋だったら紅葉。
海外にだす時はお寺や日本画、屏風絵といった日本を感じてもらえるようなものを。
かわいいイラストのものは親しい友人に。

最近は手紙をださなくなった。
理由は御多分にもれず、メールにシフトしたから。
海外に出すことが多かったのだけれど
そうなると郵便料金もさることながら日数がかかるから、断然メールのほうにメリットがある。

でもなんかつまらない。なんか味気ない。
テキスト形式のメールになると凝るところがどこにもない。
何かできないかな。もらって嬉しい工夫何かないかな。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

いいこと日記 / 2003-10-26 (Sun)

日記を書くといいらしい。それもいいことだけ。
そうするといろんないい効果が表れるんだとか。中山庸子さん提唱。
そんなことが言われているっていうことは知らなかった。
でも、言っている事はよくわかった。
なぜなら、私がそうだから。

この日記をつけはじめて私自身それを感じている。
一応ネット上に公開されるわけだから、人の目に触れるわけだから
自分の中で差し支えないと判断できるものしか書いていない。
そうなるとやっぱり、今日感じたいいことっていうのがテーマになることが多い。
だって、読んでいて楽しいと思えるのは、ほほえましくなるのは、やっぱりそういう話だから。
とってもつらいことや腹立たしいことも、時には書くかもしれないけれど
それを読んだ人がどんよりしてしまうのはどうかと思うし
あまり不特定多数の人にそういうのをさらけだせるほどの勇気を私は持ち合わせていない。

たとえ何もない、つれづれに過ごした1日だったとしても
何か書こうと思ったら、いろいろ思い出さないといけなくて
そうしていろいろ考えているうちに1日が整理されて、流されずに次の日へと向かうことができる。
たとえいやな1日だったとしても、1つでもいいことがあったなら
そこにフォーカスすることによって、ちょっと気持ちが上向きになる。
書こうと思ったら、生活しながらそれをいつも気にかけることになるから
同じ1日でも、もっと中身のある生活ができる気がする。
考えることって重要。振り返ることって大事。

今まであまり考えたことなかった。
1日を振り返ることってなかった。
思いもかけず、日記を書くことでいい効果が得られることがわかったから
しばらく続けていこうと思っている。
「いいこと、何かなかったかな」って毎日考えてみたいと思う。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

さらさらストレート / 2003-10-24 (Fri)

髪を切りに行った。
秋になって乾燥するようになってから、どうも髪の調子がよくない。
もともと量が多くてくせ混じりの髪だから、雨の日は特に収拾がつかなくて困ることが多いけれど
今は雨でなくても手がつけられない。
一度くしを通しても、次のくしがとおらない。
これだとブラッシングの意味がない。
あまりにひどくてとうとう美容院に行く決心をした。

髪型は今までそんなに変えていない。
子供の頃に一度ためして懲りてから、多いからといってすくことはしていない。
たとえ多くても、そのまま伸ばしてくくった方がおさまりがいい。
パーマもかけてみたけれど、自分で上手くまとめることができないから
何もしないのが一番という結論に至って、それ以降長い短いはあるけれどストレート一筋。

今まではどんなにがんばっても髪の量はどうすることもできなかった。
所々に混じっているくせ毛のせいでイライラさせられることも多かった。
最近は技術も進歩して、あまり傷まずにストレートにすることができる。
縮毛矯正、結構気に入っている。
ただ、難点は時間がかかりすぎること。
今回も覚悟はしていたけれど4時間半かかった。
いつもは読まないファッション誌を8冊も読んだ。
おかげで今の女性の関心事を知ることができたけれど。

全て終わって私の髪は見違えるように少なくなった。
かなりこしがあってくせ毛も混じっていた髪が、みごとに指どおりなめらか、さらさらストレートになった。
帰り道、歩いていたら、肩でしゃらんしゃらんと音がした。髪が揺れて音がした。
こんなことは久しぶり。何度も音を確かめる。
しゃらん、しゃらん、絡まないでゆれている。
ちょっとうれしい。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

幸せな証拠 / 2003-10-24 (Fri)


dote


待ち合わせ場所には早く行くようにしている。
相手に待ってもらうと悪いと思って、時には早く着きすぎることもある。
でも、相手が人でない場合、例えばバスや電車なんかの時は遅れてしまうことも結構ある。
早めに準備しているのに、出掛けにいろいろ気になって、確認しているうちに時間がたって
結局時間ぎりぎりになってしまう。
最近時刻表が微妙に変わったから一分違いで電車がいってしまって
目の前で見送ることがしばしば。
そんな時は必ず走ればよかったと後悔するけれど、すでに後の祭り。

だから今日は早めに家を出た。
周りの風景を楽しみながらバス停まで行こうと思った。
15分ぐらいの道のりだけど、いつも急いでいる状態だから、あまりそういうことは気にしない。
ただただ、時間どおりに駅に着くことしか考えない。
周りの景色は目にはいってくるけれど、それだけでしかなくて、それを味わう余裕はない。
でも、それじゃちょっともったいない。
少し時間に余裕を持ってみると、気持ちに余裕も出てくる。

今日の空気は冷たいけれど陽射しは暖かくて、周りの風景も輝いて見えた。
春夏の瑞々しさはないけれど、秋には秋の落ち着いた清々しさがある。
それを感じる時間、場所があるということは
何より私がそれを感じることができる状態であるということは幸せな証拠なのかもしれない。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

パンプキンマフィンと牛乳 / 2003-10-23 (Thu)

今日の朝食はマフィン。
といっても、トーストして間に何か挟むタイプのイングリッシュマフィンではなくて
カップケーキのようにな甘いアメリカンマフィンのほう。
学生の頃に食べて以来結構気に入っている。
かなり甘いからプレーンな牛乳と一緒に食べるのがいい。

もともと牛乳はすきじゃない。
あの独特のにおいと味が苦手。
給食の時は仕方がないから最初に牛乳を飲んでいた。
そうすれば、後味がおかずで消されるから。
給食がなくなった高校時代には、牛乳を飲んだ記憶がない。
大学に入って一人暮らしをするようになると、さすがに栄養のことを考えるようになって
仕方がないから飲むようになった。
でも、いつも低脂肪乳。これだとにおいも幾分マシだし、味も淡白な気がするから。
今もそれは変わらない。
温めるとにおいがきつくなる気がするからプレーンで飲む時は冷たいままで。
そして、必ず何か他のものも一緒に食べる。
牛乳そのものの味が舌に残らないように。

牛乳の味を消すのに一番いい方法は、何かを混ぜること。
今よくするのは冷たい時はグリーンティー、温める時はきなこココア。
トーストの時には少し甘さがあってもいい。
でも、マフィンのような甘い物と一緒に飲む時は、牛乳嫌いの私でも、断然プレーンなほうがいい。
食べ物の甘さと牛乳の味が混じった感じはなかなか悪くない。

だから今日もマフィンのお供は冷たい牛乳。
濃厚なパンプキンマフィンの味が少し緩和されていい感じ。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

過ぎたるは及ばざるが如し / 2003-10-22 (Wed)

先日「きんつば」を頂いた。
有名なお店のもので、あんが甘すぎず小ぶりで人気がある。
一箱10個いり。
木の皮がしかれていて、ほんのりその香りがきんつばに移っている。
焼きたてを、ちょっと抹茶が入っているような
ライムグリーンの緑茶と一緒に頂いたらさぞやおいしいことだろう。

子供の頃からどちらかといえば食べ物に関しては質より量。
とにかくたくさん食べるから、質はあまり求めてなかった。
バイキング形式の食事の時は、かなりの量を食べていた。
それがいつの頃からか、あまりたくさんは食べられなくなった。
それなりにまだ食事量は多いと思うけれど
こってり油っぽいものや、甘い物は人並みぐらいになった。

妹弟とお菓子を分けていた頃は、独り占めできたらいいのにと思った。
実際一人暮らしを始めて、自分で選んだ食べ物は全て自分のものになる生活になった時は
その喜びに浸ったものだった。

今はどうだろう。
きんつば10個。
1つ1つが小さいから昔ならそんなに苦にならない。
でも、今は食べきるのに数日かかる。
少なくても物足りないけれど、いくらおいしくても多すぎると有り難味が薄れてしまう。
適量のよさがわかってきたということは大人になったってことなのかもしれない。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

パン屋さんのパン / 2003-10-21 (Tue)

この間、パン屋さんの前を通ったらイーストのいい香りがしてきて、思わずお店に入ってしまった。
ちょうど焼きあがったところで、ふわふわあったかのパンが次々と運ばれてきていたから、きっとそのせい。

食パンもすきだけど、こういうお店で買うのはだいたい菓子パン。
チョコレートがかったものや、クリームがたっぷりのものより
チーズやツナ、ソーセージなんかが中に入っているような、お惣菜系のものを好んで選ぶ。
御飯代わりにはこのほうがいい。

かつて職場で、一時期毎日のようにパンを食べていたことがある。
一度好みの味をみつけると、毎日毎日そればかり。不思議とあきない。
上司からは「またパンか?!」ってあきれられたけど、一向に気にしなかった。
日本には米信仰みたいなのがあるからパンより御飯ということになるんだろうけど
海外にはパンが主食のところがあるんだし。
それに、もともとお米に執着がないから。

この時選んだのはチーズとツナのパンとブルーベリーのべーグル。
そういえば最近菓子パンってあんまり食べてなかった。
たまには食パンじゃなくこういうのもいい。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

香水のような石鹸 / 2003-10-20 (Mon)

石鹸の香りがすき。
結構香りには敏感で、強すぎると酔ってしまうから
たいていかすかに匂っているぐらいがちょうどいいのだけれど
石鹸の場合は少々強くても大丈夫。
気に入った香りのものはたんすにそっと忍ばせている。
服を着る時にほんのり漂う香りの感じがいい。

人工的に作られた香りは苦手なものが多いから、芳香剤も消臭剤もできたらあまり頼りたくない。
どうしても使わないといけない場合は、無香料のものをさがす。
でも香水はすき。
めったにつけることはないんだけれど、気に入った香りに出会った時はちょっとうれしい。

今日おろした石鹸はどこか海外のホテルのもの。
香水のようないい香りがする。
個人的には決して泊まることがないだろうホテルの雰囲気を、この石鹸の香りでちょっと味わって
少しだけ優雅な気分。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

お茶の香り / 2003-10-19 (Sun)

麦茶の香りもすきだけど、ウーロン茶の香りはもっといい。
今飲んでいるのは鉄観音。
夏以外はいつもこれ。
沸騰したお湯の中に茶葉を入れてふたをして、しばらくしたらふたをとる。
なんとなく花のようないい香り。
ジャスミンほどにきつくない、けれどほのかというほどに弱くもない。
その香りはなんだか頭の緊張をといてくれる。

市販のペットボトルのウーロン茶は私には濃すぎる。
お腹がすいている時は特に、そのまま飲んだら胃があれる。
だから飲む時は薄くして。

あまり水分を摂るほうではないけれど飲むんだったらお茶がいい。
ジュースは後味が甘いし、コーヒーは苦い。
かといってお水だと物足りない。

これからの季節、暖かいお茶を飲むことが多くなる。
そんな時は、湯気と一緒に立ち上ってくる香りも楽しめる。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

米泥棒 / 2003-10-18 (Sat)

夕方洗濯物をとりに外へでたら、わらを焼く匂いがした。
きっと稲刈りをしたのだろう。
稲穂の色がちょうどいい色に変わっていたからそろそろだと思っていた。
今日はいいお天気だったから稲刈りもはかどったはず。

今年はお米が不作だと言われている。
米泥棒のニュースもよく聞く。
あんな重いものをどうやって盗んでいくのか不思議でならない。
でもそれより、手間ひまかけて育てられた穀物を、ごっそり全部持っていくその神経がわからない。

子供の頃、家ではお米を作っていた。
家で食べる分だけだったけれど、手間は結構かかっていた。
特に水には敏感で、雨があまり降らない時はため池から水を引いていた。
まだ小さかった頃、ため池に一緒についていったことがあって
祖父が池の中を泳いでいって栓を抜いていたのが印象的だった。
台風が来た時は、理由ははっきり知らないけれど
田んぼから水を抜くために、祖父は大雨の中、合羽を着て出て行っていた。
農作物は天候に左右されるから、いつも大人達は天気予報を気にしていた。

そんなだったから、農業の大変さは多少はわかっている。
専業農家ではなかったから死活問題ほどに不作を憂うことはなかったけれど
それでも、苦労して育てたものが上手く育たなかった時の脱力感は共感できる。

果物や山に生えているわらびを勝手に採っていかれたことがある。
でも、わらびは育てていたわけではないし、果物も少しなら仕方ないと思っていた。
本人が少し楽しむ程度なら何もそんなに目くじらたてなくてもっていうのがあった。
おおらかな時代だったのかもしれない。

でも、今回の米泥棒はそんな程度のものではない。かなり悪質だ。
今年は特に苦労して育てたことだろう。
それを最後のところだけ持っていくなんて。
たいてい稲を刈った後は数日天日に干して、それから脱穀ということになるんだけれど
これからは物騒でそういうこともできなくなるんだろうか?
なんともいやな世の中になったものだ。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

赤いふさふさキャット・テイル / 2003-10-17 (Fri)


cattail


お花屋さんで
ふと目に留まった赤いふさふさ。
その姿がかわいくて
またしても衝動買い。
最近この手の衝動買いが多い。

名前はキャット・テイル。
とても手触りふかふかで
子供の頃に首に巻いてたマフラーのよう。

太陽の光をたっぷり当てると
赤い色が増すらしい。
赤くなれ、もっともっと赤くなれ。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

買わなくなった本 / 2003-10-16 (Thu)

読みたい本は欲しい本。
長い間そう思っていた。
それほど読書家ではなかったけれど、大学生の頃はあいた時間によく読んでいた。

たくさん文庫が並んでいる棚を見てまわるのが好きで、ひまさえあれば学校の本屋さんに行っていた。
ちょっとでも心惹かれる題名の本を見つけると、手にとってぱらぱら読んでみて、気に入れば即購入。
面白そうなテーマの本をさがすのがすきだった。
ある本に出会う、そして読んでいて興味を持ったことに関する本をまたさがす。
そうして次々に興味が広がっていく。
それが不思議で面白かった。
本来定価販売の本がそこでは普段なら10%、たまに15%オフになったから、気軽に本が買えた。

最近はあまり買わなくなった。
収納場所に困るから。
持っておきたいと思わなくなったから。
かわりに、本を読みたくなったら図書館に行くようになった。
とても良心的で(時には経費の無駄とも思えるけれど…)
読みたい本がない時は、リクエストすると購入してくれる。
それほど需要がないと思われる本については、他市の図書館からまわってくることもある。
結構これでなんとかなっている。
新作を読もうと思うことがないから問題ない。
でも、宝物をさがすように、真新しい背表紙をわくわくしながら眺めていたあの頃が少しなつかしい。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

大好きなクランベリージュース / 2003-10-15 (Wed)


lunch


一人で外出することが結構ある。
友人を誘って行くことももちろんあるけれど
気が向いた時に、ふらっと出かけられる気楽さが気に入っている。

そんな時の食事も決まった時間にとらない。
いつも昼食はお昼時からはずれた時間になる。
食事をとりたいということよりも、入ってみたいと思えるお店を重視するから。

グルメでは全然ない。
でも、その時に食べたいと思うものってあるもので、お店のメニューを見て食指が動くか動かないか。
ピンと来るものがあるかないか。
そんなことで決めている。

京都でたまたま入ったお店はなんとなく。
お腹もさすがにすいていたから。
これが正解。
オーダーしたハンバーグランチはデミグラスソースと生クリームがふかふかハンバーグにかかっていて
スパニッシュオムレツに人参ドレッシングのかかったサラダ。
そして大好きなクランベリージュース。

クランベリージュースを置いているところはあまりない。
だから、メニューでその名を見た時は迷わずこれを選んだ。
赤いゼリーのような色をした少しすっぱいドリンクを飲みながら、一人の店内でゆっくりくつろぐ。
昼食でこんなにゆっくりしたのははじめてかもしれない。
それはきっとクランベリージュースのせい。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

猫の目が見ているもの / 2003-10-14 (Tue)

動物にはあまり興味がない。
たいてい女性は猫や犬を見るとかわいいというけれど、私はそう思えない。
どちらかというと爪をたてておそってきそうで怖い。
でも、変におびえた様子をすると余計に跳びかかってきそうで、知らないふりをすることが多い。
目をあわさない、極力見ない。

なのに、猫を飼っている人の家に行くと猫がそばにやってくる。
はじめは警戒しながら様子を伺っているけれど、私が全く興味を示さないとわかると
今度はそれが反対に気になるようで、擦り寄ってくる。

今回もそうだった。
猫がじっと私を見ていた。
だから私もじっと見返してみた。
そしたら目に光が反射してくりくり色が変化した。
その目で何を見ている?
私の何を見ている?
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

大阪空港 / 2003-10-13 (Mon)


airplane


関西国際空港ができてからその役目を譲ったけれど、大阪空港はかつて国際空港だった。

子供の頃、何度か父を迎えに行ったことがある。
田舎から大阪まで出るだけでも結構時間がかかるのに、伊丹まではかなりの長旅だった。
どこからか空港バスに乗って、長い長い道のりを空港まで揺られて行った。
その時の大阪空港は私には大きかった。

あれから数十年。
他の空港を知っているから、大阪空港は今の私には小さく見える。
でも、それがかえって私の成長を感じさせる。
展望デッキから飛び立つ飛行機を眺めながら流れた年月のことを考えた。
あの頃の腕白少女はこんなになったよ。
大人になって帰ってきたよ。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

ONE DAY TRIP / 2003-10-12 (Sun)


kamamesi


有馬温泉に日帰りで行ってきた。
この辺りでは有名だけど旅行で行くほどには遠くなくて、今まで行く機会がなかった。
遠くないといっても電車をいくつか乗り換えて2時間近くはかかる。
朝10時ぐらいに家を出て、途中電車を乗り間違えたりしながら
有馬に着いたら12時を過ぎていた。

観光案内所で地図をもらって観光の準備が整ったところでまず食事。
少し待ち時間があったけれど、釜飯のお店へ。
私が頼んだのは山菜釜飯。
きのこもたくさん入っていて香り豊かでおいしかった。

有馬温泉はとても小さな集落で、じっくり見てまわったとしてもそれほど時間はかからない。
そこで観光を一通り終わらせてから温泉に入ることに。
狭くて急な坂道をのぼって行くとお寺や泉源があって、水を飲むことができる所もある。
炭酸泉源を一口飲んでみたら、それはさびの味がした。
もともとそんな味なのか、それとも水道のパイプのさびなのか。
この水を使って炭酸せんべいは作られているんだろうか?

一通り周り終わって温泉へ。
神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病、冷え性、高血圧に効くという、銀泉。
男性はすぐに入れるのに、女性は20分待ち。
ハイキングの帰りに寄った人も結構いた。
しっかり歩いた後に温泉っていい。
お湯の温度は少し熱めで私好み。
泡風呂とサウナもあってゆっくり入った。

外に出たら空気は冷たくて、急に雨が降ってきた。
お寺の軒下でちょっと雨宿り。観光中じゃなくてよかった。
帰りはバス。乗客も少なくてゆったりできた。
途中渋滞に巻き込まれたけれど別に急がないからそういうのもいい。
近場の温泉旅行、たまにはこんなのもいいかも。
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0

「京都学生祭典」 / 2003-10-11 (Sat)

京都で行われた「京都学生祭典」に行ってきた。
これは京都の大学数校が合同でする学園祭のようなもので
留学生による母国料理の模擬店や各大学のパフォーマンス
合同オーケストラの演奏会、映画祭、学生音楽コンテスト
そして、スペシャルステージとして吹奏楽、アカペラ、倉木麻衣の演奏があった。

スペシャルステージは無料だけれど
あらかじめチケット引換券というものを手に入れておかないといけなくて
それを当日チケットと交換することになっていた。
たまたま引換券をもらったからこれをもって引換場所に。
11時からの引換開始で、30分過ぎについた時にはすでに長蛇の列。
1時間並んで手にしたチケット番号は1570番台。
いったいみんな何時から並んでたんだろう?

最近京都では大学間の交流が活発で、他大学の授業も一部限定ながら受講できるようになっている。
そんな交流の一環として、「京都・学生フェスティバル」というものを行っていたのを
今回産官もバックアップするという形でリニューアルして、第1回の開催となったようだ。
京都は学生の町だから、大学が元気だと町も元気になる。それを京都の活性化につなげる。
こういう協力は柔軟にできるといい。

夕方5時、コンサート会場の平安神宮前は開場を待つ人で一杯だった。
チケット番号順に整列し、順次入場。ここでも結構待った。
結構前のほうで、オールスタンディング形式。
私の前の人は幸いにしてそれほど背の高い人はいなくて
そこそこステージ上の人たちを見ることができた。

京大のアカペラグループCOLLECTION、龍谷大学吹奏楽部、そして倉木麻衣。どの演奏もよかった。
COLLECTIONいい。声がちょっと若かったけど。
ゴスペラーズというよりも、RAG FAIRに近い感じかな。
龍谷大学の吹奏楽部は全国吹奏楽コンクールで金賞を受賞したことがあるそうで、上手かった。
主にマーチング系の音楽で、私好み。こういうのわくわくする。
最後の倉木麻衣は私でも知っているシングルばかり10曲以上歌ったのでは?
MCがほとんどなくて歌を堪能したという感じ。
平安神宮の朱色の建物をバックにした様子は厳かで、ライトアップも本格的。
はじめてのPOPS系コンサートは大満足だった。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

風の心地いい日 / 2003-10-10 (Fri)


susuki2.jpg


風が心地いい。
昨日は暑くて、自転車に乗っていたらじんわり汗ばんだけれど
今日は暖かい太陽の日差しに少し冷たい風。
程よい温度で過ごしやすい。
道端ですすきもゆれている。
こんな日なら外出も苦にならない。
こんな日は少し遠出をしてみたくなる。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

新作チョコ / 2003-10-09 (Thu)

ふと海外に住む先輩に秋の新作チョコレートを送ろうと思いたった。
働いていた頃は、よく秋になると新作のお菓子をお裾分けしてくれた。
いくら日本食が手に入るとはいえ
新作のお菓子まで手に入るとは思わないんだけれど、どうだろう?

新作チョコは本当にたくさんあって、選びながらワクワクした。
自分用だったらいっぺんにそんなにたくさん買うことがないから。

私はチョコ好きではないけれど
好きな人ならきっとこれも好きなんじゃないかな、なんて想像しながら
ポイポイかごに入れていく。

気に入ってくれるといいな。
でも、虫歯にはご用心。
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0

ショッピング / 2003-10-08 (Wed)

ショッピングは楽しい。
目的を持ってさがしまわるより
たまたま見つけた雰囲気のいいお店にふらっと入って、何かいいものがないかさがすほうがすき。
その偶然がいい。

探し物をしている時は、必要に迫られている時。
だから、どうしても見つけないといけないという強迫観念がある。
でも、気に入らないものを妥協して買いたくない。
長く使うつもりだから、適当に選びたくない。
そう思うから、いくつものお店をまわり、そして疲れる。
一度で見つかればいいけれど、そうでなければ時期をずらして何度もさがすことになる。
その間、他のもので代用がきくならいいけれど
どうしてもないと困るものの場合は本当に困る。
もちろん妥協できるものもある。
すぐに買い換えても苦にならないぐらいの値段のものや、すぐになくなる消耗品。
そういう時は、とりあえず別のもので我慢することにする。

人ごみは苦手。
だからバーゲンにはめったに行かない。
行っても買うことは少ない。
気に入ったものを見つけられないことのほうが多い。
でも、何かの用事で外出した時、あいた時間でふらふらお店をまわって
気づいたら買い物袋をたくさん持っているなんてこともよくある。

こんな感じだからショッピングには一人で出かけることが多い。
目的のある場合は特に。
相手にすると「こんなにいろいろ見ながら、なぜ決められないの?!」って思うようで
それが私には無言のプレッシャー。
結局気に入ったものがなかった時に、申し訳ないような気になる。
自分が相手に合わせるのはあまり気にならないんだけれど
相手に合わせてもらっていると思うと心苦しさを感じる。
それなら初めから一人のほうがいい。
気楽なのがいい。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

たんぼのあぜの彼岸花 / 2003-10-07 (Tue)

少し見ない間に稲穂の色が変わっていた。
ここ数日の寒さのせいかもしれない。
こんな時は彼岸花を見たくなる。

たんぼのあぜに密集して咲いている、赤い花はよく目立つ。
秋の実りのそこかしこで赤い色が主張している
子供の頃から慣れ親しんだ風景。

小学生の頃、学校が遠かったので帰り道は長かった。
子供の足でてくてく歩くと40分ぐらいはゆうにかかる。
小さな頃は寄り道をたくさんして、1時間ぐらいかけて帰っていたっけ。
雨の日はたんぼのそばの側溝に入って急な水流を楽しんだり
舗装されていない土の道の所々にある大きな水溜りでばちゃばちゃしたり。
たんぽぽやいったんこ(イタドリ)、すすきや彼岸花、時には野いちごも。
四季折々に道端に咲く植物を摘んだり、食べたりしながらゆっくり帰った。

母親は彼岸花を摘むのにはいい顔をしなかった。
それは、毒を持っているから。
でも、子供にそんなことは関係なくて
赤くて肉厚の花びらの凛とした姿が美しくて
つかめるだけ摘んでは持って帰った。
茎をぽきぽき折ってネックレスを作ったりもした。

彼岸花は別名曼珠沙華。
同じものとは思ってなかった。
曼珠沙華のほうが高貴な感じがする。
あの気品溢れる形の花にはこちらのほうが似合うのかもしれない。
でも、私には彼岸花。
子供の頃の思い出たっぷりのこの名前のほうがすき。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

進まない編み物 / 2003-10-06 (Mon)

セーターを編もうと思ってこの間からゲージを測る作業をしていた。
割り出しを終え、編み始めたはいいけれど
編みこむ模様がややこしくてしょっちゅう間違える。

ちょっと間違えたぐらいなら、少しほどくぐらいで何とかなるのだけれど
今回の模様は複雑で、ほどくとなると少しではおさまらないことが多い。
ということで何度もほどくことに。
ある程度編んでしまえば模様の感じがつかめるから間違うこともなくなるんだけれど
編み始めの頃は本を見ながら目を増やしたり減らしたり。
それが続くといったい今どこを編んでいるのかわからなくなって
気づいたら目の位置がずれていたりする。

編んではほどき、ほどいては編んで。
結局たいして進んでいないということに。
あぁ、どんより・・・。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

今はえびせん / 2003-10-04 (Sat)

最近間食が止まらない。
もともと食べ始めると意地になって、ついついなくなるまで食べてしまうほう。
一つ気に入った銘柄ができると、そればっかり食べている。
飽きるまでずっとそれ。
なかなか飽きない。
一度この状態になると、そばにそれがないと落ち着かなくなる。
だけど、ある日パタッと間食をしなくなる。
そうなると、全く食べなくても平気。

タカラブネのシュークリームに凝ったことがある。
中につまったクリームがカスタードと生クリームの二層になっているあれ。
スーパーで売っているようなパックの物とは違って
大きくてちょっと重量感があって、食後の満足感があった。
さすがに毎日はよくないと思って隔日ぐらいにしていたけれど
学校帰りに二つ買って帰るのが習慣になっていた。

ちょうどテスト期間中だったある日
いつものように買って帰ろうかと思ったけれど、それを思いとどまったことがあった。
テスト勉強をしようと思うのに、そのシュークリームが気になって仕方ない。
でも、家にはない。
だんだんイライラしてきて、仕方ないから買いに行くことにした。
その日は雨で、自転車で気軽にっていうわけにもいかず
仕方ないから近所のケーキ屋さんのもので済ますことに。
本格的なケーキ屋さんだから、シュークリームも本格的。
皮はサックリしていて、ちょっとハードな感じ。
クリームは濃厚なカスタードにバニラビーンズなんかがはいっていて
リキュールの香りがほんのりしている、そんなちょっとハイクラスなシュークリームだった。

でも、雨の中わざわざ買いに行ったのに、それは私好みじゃなかった。
それより安いかもしれないけれど
ふわふわの皮にちょっと香料の香りがきついクリームの組み合わせの
いつものシュークリームのほうが親しみの持てる味だった。

それ以降、我慢はしないことにしている。
どうせ我慢したってしきれないだろうから。
そんなことでイライラするのはよくない。
体重が増えたら増えたでまた減らせばいいかと。

それで、今凝っているのはえびせん。
お米で作られている白いおせんべいの中にえびが混ざっているようなもの。
二つずつ個包装になっているけれど、ついついなん袋も食べてしまう。
ちょっときつめの塩加減とえびの味がおいしい。
さて、今度はいつまで続くか?
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

今年初の新米 / 2003-10-03 (Fri)

新米を炊いた。
今年初めて。
水を少なくして新米モードで炊いたのに、ちょっとべたついた。
でも、いつものお米とは違ってつやつやのふっくらに白米の香りが加わって
とてもおいしそうな炊き上がりになった。

いつもはミックス米。
白米、玄米、麦を混ぜる。
玄米は水に数日つけて発芽米にしてから混ぜることもある。
アマランサスや市販の雑穀米を混ぜることもある。
このお米にさらに黒ゴマ、きな粉、はったい粉、お酢なんかを加えて。
こうなると白米とは程遠い御飯が炊ける。
白米にこだわりがないからこれはこれで結構おいしいと思える。
こだわりがあるとちょっと驚きの代物かもしれないけれど・・・。

1人暮らしの時、1日30品目摂るのを目標にしていた。
そのためには1食に10品目。
何品も作るのは時間がかかるので、1品の中にいろんな食材を入れていた。
その名残で今でもいろんなものを混ぜることが多い。

今日の晩御飯は塩鮭、お豆腐、れんこんのきんぴら、わかめのサラダ、そして新米。
今日も10品目クリアー。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

庭掃除 / 2003-10-02 (Thu)

涼しくなって蚊も少なくなったから今日は庭木の剪定をした。
前から気にはなっていたけれど、蚊に刺されやすい体質のようで
外に出ただけでいつも大量に刺されてしまう。
下手するとそれがじんましんに発展してしまうこともあって
だから、夏場はできるだけ外に長時間いないようにしている。

そんなわけで、今年は例年より繁殖している草もせっせと抜いた。
ツル系のアイビーやジャスミンなんかは上手く絡まるものがあればそれはそれできれいなんだろうけれど
平地に植えられているだけだからあまり長くなりすぎると邪魔なだけ。
ぐんぐん伸びて、途中たくさん根を下ろす。
それを引っ張ってどんどん抜いていく。
どうせすぐにまた伸びるんだから遠慮はいらない。
そろそろ花が終わりに近づいているサルスベリの伸びた枝もばさばさ切っていく。
高いところの枝は脚立に乗って。

そういえば、買い物に行く途中、庭師の人がきれいに木を刈っているのを最近よく見かける。
今が剪定のシーズンなんだろうか?
新芽に花が咲くから新芽が出る前に刈るのがいいんだろうけれど
いつもタイミングをのがして新芽を切っている。
だから花を見るのは隔年になることが多い。
土の栄養のことを考えるとそれぐらいがちょうどいいのかもしれないけれど。

結局庭作業に3時間かかった。
もう少し残っているけれど、それは金木犀と紫式部の時期が終わってから。
毛虫に注意していたのに、枝を入れたゴミ袋をつかんだときにさされてしまった。
幸い今はもう傷みはないけれど、小さいのにあなどれない。
なんだかちょっと腕が張っている。
明日は筋肉痛?それともあさって?
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

09 << | 2003/10 | >> 11
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。