スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

睡眠時間 / 2004-01-31 (Sat)

働き始めると減るものがある。
睡眠時間。
朝起きるのが早くなるから。

4年生まで8時に寝ないと怒られた。
「睡眠はたっぷりとるように」ことあるごとに父は言う。
睡眠時間が減ると心も体も疲弊する。
睡眠さえとっていればいろんな意味でしんどくならないんだそうな。
そんなだから8時間睡眠をとらないと寝た気にならない体になってしまった。
多忙になるまでは、社会人になってもずっとそんな調子でたっぷり寝ていた。
寝つきは悪いほうだけど、一度寝ると朝まで起きることはない。
無駄と言われればそれまでだけど、休日は遅くまで寝ているタイプでいくらでも寝ることができる。
夜更しを差し引いてもかなり寝ていたかも。

それが今は4、5時間睡眠。
不思議とそれでもなんとかなっているけれど、さすがに毎日これだと疲れが蓄積されてくる。
この休日中にたっぷり寝だめしておこう。
スポンサーサイト
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

バーゲン / 2004-01-30 (Fri)

明日は休日。ちょっと帰りが遅くなっても問題なし。
ということで、バーゲンの残りをのぞきに行くことに。

あまりバーゲンで買うことはない。
流行のものを買わないから、欲しいと思えるデザインの物が見つからないことが多い。
だから、欲しいものを目当てに買いに行くというよりも、何かいいものないかなぁという感覚で行く。
じっくり見て、よくよく考える。
その反面、衝動買いも結構ある。
とても気に入って、よく考えて、なんかちょっと心に引っかかるものもありつつ
でも、デザイン的にはとても気に入っているから最終的には買ってしまって
家に帰ってから、やっぱり私向きじゃないと後悔する。
だから、どんなにいいと思っても
自分で身につけてみて違和感があるものは、買わないに限ると思っている。
でも、その判断力を鈍らせてしまうほどに魅力的な物っていうのもやっぱりある訳で
なかなか衝動買いはなくならない。

それで、今回は、何も買わなかった。
1日では回りきれなかったから、残りは次回。
でも、たくさんあるお店をひとつひとつ見ていくのは、結構時間がかかって疲れる。
店員さんも寄ってくるし。
これで収穫がないんだから・・・。

日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

手抜きの晩御飯 / 2004-01-29 (Thu)

仕事で疲れた時は晩御飯作りを放棄したくなる。
そんな時は、時間をかけないでも済むようにすぐに食べられる物を買ってくる。
選ぶ基準は家で作らないもの。それだとだいたいフライやお刺身になる。
基本的に少人数のために揚げ物のおかずを作るのは、後始末のことを考えると効率が悪いのと
コロッケもミンチカツもお肉屋さん作のほうが断然おいしいし
どうせ外食はそういうものになることが多いと思っているから、家では作らないことにしていて
こういう時にここぞとばかり買ってくる。
でも今回は、パン生地タイプのピザがおいしそうだったからこれにした。

この間から気になっていたケーキ屋さんでミルクレープも買って帰った。
クレープの間にはフルーツ入りの生クリームやカスタードクリームが挟まっていて
それが何層にもなっている。
一度にたくさんは食べられないから、今日はひとつだけ。
たったケーキひとつに対して保冷剤をふたつも入れてくれて、とてもサービス満点。
学生風の女性がとてもにこやかに応対してくれた。ちょくちょく通ってしまうかも。

今晩は照り焼きチキンピザと野菜のスープ煮、デザート付きで簡単に。
ちょっと甘めのソースが物足りなくて、タバスコの代わりにキムチの素をかけてみた。
具もたっぷりのほうがいいからコーンとチーズを追加して黒胡椒とパセリをぱらぱらと。
オーブントースターで焼いたらなかなかのボリュームで、晩御飯にちょうどいい具合。
味も辛さが私好みになっておいしかった。
普段はピザを晩御飯にはしないけれど、一人だとなんでもあり。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

消し忘れ / 2004-01-29 (Thu)

出勤前の朝はあわただしい。
戸締り、火の元はだいたい確認している。
でも、たまにしっかりと確認せずに出かけてしまうことがある。
無意識に行動していることが最近多くて
ちゃんと鍵をかけてドアを回して、閉まっているかどうか確認をしても
その2、3分後にはもう閉めたかどうかの心配をしている。
鍵をかけたその瞬間の記憶がないから。
かけ忘れなんてそうそうするものじゃないから、余程のことがない限り確認に戻ることはないけれど
以前にかけ忘れて買い物に行ったことがあるから、どうしても気になる時は戻ることにしている。

今朝ははっきり記憶があった。
こたつのスイッチを入れたまま。
でも、家に戻ったらきっと遅刻する。
こたつ自体の熱はそれ程でもないと思うけれど、つけっぱなしはやっぱり危ない。
いつもならコンセントも抜いていくんだけれど、急いでいてうっかりしていた。
仕方がないから家が燃えないことを祈りながら電車にゆられて行った。

電車内が寒いのは座っている場所が悪いからと思って
今日は場所を変えてみたところ今度は少し暖かい。
かすかに足元から暖かい空気が流れてくる。これでもう寒くない。
いつしかうとうとして、気づいたら駅に着いていた。
普通だと職場に着くのが少し遅くなるのも難点だったけれど
駅から職場までの近道を教えてもらったから、いつもより5分早く着くことができるようになった。
これで普通電車でも問題ないという結論に。

夜、家に帰って一番最初にこたつを見たらやっぱりついていたけれど
弱にしていたからか、温度はそんなに上がっていなくて問題なかった。
1日ぐらいなら問題ないってことなのかな。
でも、今度から注意しよう。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

アフターファイブ / 2004-01-28 (Wed)

ずっと心に重くのしかかっていたことが吹っ切れた時はとても気分が軽くなる。
今日はまさにそれ。

だんだん日が長くなってきているから、仕事が終わって駅までの道を歩いている頃はまだ暗くない。
家に着くまでに寄り道して帰ろうなんて思って、ちょっとうきうきする。
バーゲンにも行ってないから、この際だからいろんなお店をのぞいてみようかなんて考えてみたり。
でもまだ水曜日。お楽しみは金曜日までとっておこう。

改札を入るとケーキ屋さん。
こんなことってめずらしいからガラスケースをのぞいて見ると意外。
かなり本格的なものばかり。それにちょっと大きめでカラフル。
でも今日はこれもやめ。

代わりにスーパーで食料品をいろいろと。
やっぱりスーパーは楽しい。
いつものお店じゃないから品揃えもまた違って
ぐるぐる棚の間を歩きながらめずらしいものを探す。これがまた楽しい。
閉店前の生鮮品売り場は活気がある。
今日中に売ってしまわないといけないからどんどん値が下がっていく。
だから、まぐろのお刺身を買って帰った。

今日はいつもの雑穀ご飯じゃなく白米主体の麦飯。
具がいっぱいの豚汁。焼いた厚揚げ。そしてお刺身にたっぷりの大根で作ったつまと大葉を添えて。
お刺身はトロでもないのに口の中で溶けていく感じで
つまと一緒に大葉でくるんで食べるととてもおいしかった。
久々純和風の晩御飯。大満足。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

究極の選択 / 2004-01-27 (Tue)

今まで急行に乗っていたのを普通にしてみた。
朝の急行は座れる確率5割。
時間までに着くかどうかが心配で使ったことがなかったのだけれど
普通ならガラガラだから確実に座ることができる。
でも、ひとつ落とし穴、寒い。
各駅停車だから止まる度にドアが開いて、もともと人気が少なくて高くない車内の温度がより下がる。
暖房もシートの下から暖かい空気が出てくる形式なんだけれど
私がいつも座る席の下からはどうも出てこないみたい。
暖かい空気が感じられない。
座るのをとるか暖かさをとるか、究極の選択。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

まわりくどさとストレート / 2004-01-26 (Mon)

朝8時前後の時間帯はアニメの再放送を見ることができる。
何十年も前のアニメでも、今見ても十分楽しめるものが多い。
最近のアニメは絵にしなやかさが感じられなくて、ちょっと不満な私には
再放送のアニメはただ懐かしいだけじゃなくて
ほっとできるところもあるから、時間があればついつい見てしまう。

このところ続けて見ているのは『ムーミン』。
昔々の方じゃなくて、ちょっと昔に絵も雰囲気も少し現代風にアレンジして新たに放送された方。
ずっと昔の『ムーミン』は話も使われていた色もなんだか暗くて
子供には恐い感じの雰囲気で、どちらかといえば苦手だった。
けれど新しい方は、話の内容は相変わらずだけれど
絵の感じも色使いも前より優しくなっていて、受け入れやすいし
最近のアニメにないものが感じられていい。

子供向けのアニメって、時にとてもストレート。
放送時間が短いからかもしれないけれど、まわりくどさがない。
だから言葉がとてもダイレクトで、きつく感じられてドキッとすることもある。
けれど、言っていることはもっともで、正義感に満ち満ちている。
そんなこと当時は気にしたこともなかったけれど、今はなぜかそういうところがやけに気になる。

日々の生活の中では、波風をたてないように、オブラートにくるんだような話し方をすることが多い。
それは相手に対する気配りからだったり、自らの保身のためだったりする。
もちろん誰に対してもそうという訳ではないけれど。
でも、そんなでいいのかなって思ったりする。
あまりにアニメの中の子供がまっすぐで正直で堂々としているから
ちょっとうらやましかったのかもしれない。
未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0

やっぱり冬 / 2004-01-23 (Fri)

外がとても明るい。
空は青く、しっかり日の光が地上まで届いているから
庭の千両が風にゆれている様子が障子に映しだされている。
とても穏やかな風景。

だけど、外に出たら上空で風の音がしている。
太陽の暖かさよりも、空気の冷たさのほうが勝っている。
今年は暖冬といわれていたけど
やっぱり冬は冬。

自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

『Love Letter』 / 2004-01-20 (Tue)

Love Letter [DVD]Love Letter [DVD]
(2001/03/07)
中山美穂、豊川悦司 他

商品詳細を見る


邦画のビデオはなぜか今まで借りたことがなかった。
いつもセールの時にまとめ借りをするのだけれど
毎回お店に行って棚を端から端までじっくり見て面白そうなものを探している。
その時に、邦画のコーナーは見ない。
あまり興味がないから。
私の中では映画は異次元の話、ありえないことと思っているところがあって
現実味がないほうが楽しめるから
非日常の海外の話を好んで選んでいるんだと思う。
それに、なんだか映像が暗い感じがするのも邦画を見ない理由の一つ。

今回も棚の間をぐるぐると何回もまわっていると
邦画のコーナーじゃなく、おすすめのコーナーにあったこのビデオが目に留まった。
中山美穂主演の『Love Letter』。
とてもいい話だと聞いたことがあったから、なんとなく持っていたかごの中に入れた。

感想は、状況把握にちょっと時間がかかったけれど、なかなか良かった。
しみじみ、じんわり感動するっていう感じだった。
ちょっと最近はやりの韓国映画にありそうなせつない系。
日本ではそれ程大ヒットの映画ではないけれど、韓国ではかなり有名になったらしい。
他にも探せばいい邦画があるかもしれない。少し研究してみるかな。

よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

雪越しの景色 / 2004-01-17 (Sat)

朝起きたら雪がうっすら積もっていた。
アスファルトには積もらない、そんな程度の積雪。
空からはまだぱらぱら降ってくるけれど、粉雪でもぼたん雪でもないから
きっとこれが積もることはないはず。

雪が降る様子はとても幻想的。
雪は白くて透けてないから、見える景色は落ちてくる雪の粒の後ろから途切れ途切れ。
見慣れた風景も少しいつもと違って見える。

常緑樹の濃厚な緑色の葉の上に、滑り落ちることなくこんもり積もっている雪。
ぼこぼこと規則正しく稲の切り株が並んでいる田んぼを覆っている雪。
重なりあっている屋根の上に積もる雪。
降り続いている間はどれも繊細で輝いている。

雪が積もると寒さがこもっていやだけれど
空から降ってくる雪越しの景色はずっと眺めていたい。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

ハンドクリーム / 2004-01-16 (Fri)

空気が乾燥している。
手はしょっちゅう洗うからカサカサを通り越してピキピキ。
何かをぬるということがすきじゃないから、今までそのままにしてきた。
毎年そう。ハンドクリームはほとんど使わない。
自然治癒力にできるだけ任せる。

洗顔後もそのままにしていた。
でも、さすがにこの頃は基礎化粧品を使うようになった。
いつまでもそのままでいられるほどに若くないと悟ったから。
最近はべたつかないものが増えてきたからありがたい。

この辺で観念してハンドクリームも使うかな。
そろそろ自然治癒力も限界のようだし。
これ以上ひどくならないように。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

賞味期限 / 2004-01-15 (Thu)

その日に食べる食材はその日に買いに行く。
その日に作ったものはその日に食べる。
そんな話をよく聞く。
食べ残した料理は捨てるという人もいる。
だけど、私は田舎で育ったせいか、そういうことには全くこだわらない。

近くにスーパーがなかったから、一週間に一度ごっそり食材を買いに行った。
肉や魚は冷凍庫へ。パンや卵や牛乳もたくさん買ってきては冷蔵庫へ。
それでも人数が多かったから、次の週にはまた同じことの繰り返し。
大きな冷蔵庫はフル活用だった。
煮物はわざと多めに作って、次の日も食べられるようにしていた。
それ程残らないから、翌日の晩御飯で再びお目にかかることはなかったけれど。
そんな風だから、次の日に同じ料理を食べることに何の不思議も感じていない。
残れば次の日に家族で食べるのが当たり前と思っている。

賞味期限切れの卵が出荷されたらしい。
しかも半年前。
冷蔵庫で長い間眠っていたものだとか。
確かに私も食材を結構眠らせておくほうかもしれない。
冷凍庫はぱんぱんだし、冷蔵庫も結構いっぱい。
だけど、ちょっと古すぎ。
半年もたった卵はさすがの私も遠慮したい。

もったいないという気持ちがあるから、食べ物を腐らせることのないように気をつけている。
だから、食べ物を捨てなければならなくなった時はちょっと躊躇する。
そんなだから、生産者がもったいなくて捨てられなかった気持ちはわからなくもないけれど
でも、こんなに古くなってから日付を偽って売ったという行為は許されることではない。
何も知らずに買わされている物って結構あるんだろうか?
そういう不信感を抱きたくはないけれど、そういう可能性も考えながら
自己責任で気をつけていないといけないのかもしれない。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

冬の洗濯 / 2004-01-14 (Wed)

このところ毎日最高気温が10度以下で、とても寒い日々。
日当たり具合も中途半端で、洗濯物を干しても、夏のようにカラッとすぐにはかわかない。
かわいたとしても、夕方になると冷たくなって
湿っているからなのか、ただ単に寒さで冷たくなっているだけなのか
さわっただけでは判断しにくい。

朝から陽が射していたのに、冷たい洗濯物を干していると
しゃりしゃりしゃり、雪が降り始めた。
半分溶けてみぞれのようで、軽やかに風にのる雪とは少し違って
心なしか重そうに屋根に落ちてくる。
時々風にあおられて、干した洗濯物に吹き付けられてくる。
あまりの寒さに指もかじかむ。

せっかく洗った洗濯物、雪でぬれないか、風で飛ばされないかちょっと心配。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

/ 2004-01-13 (Tue)

傘をいつも持って出かける。天候に関係なく持っていくことにしている。
子供の頃に、長い距離を通学した経験から
途中で降られた時のために、あらかじめ準備しておくくせがついている。
今はコンビニがどこにでもあるから、持っていなくても何とかなるんだろうけれど
それでも持っていたほうが安心できるから
邪魔になるなんて思わないで、いつも鞄に入れている。
昔に比べて傘も小さく軽くなったから、どんな鞄にも入るのが嬉しい。

朝から雨が降っていて、出かける頃にはやんでいたけれど、いつまた降るかわからない。
だから少し大きめの折りたたみの傘を鞄に入れた。

駅を出たら少し陽は射していたけれど
風が強くて駅前の自転車は倒され、橋を渡っていると飛ばされそうなほど。
しっかり地面を踏みしめて、前に向かって少しずつ進んだ。

結局雨は降らなくて、そのかわり1日中風がびゅーびゅーうなっていた。
雨が降らなくてよかった。
この風だと傘は役にたたない。
せっかく持っていった傘だけど、いつも使わないことを願っている。
やっぱり雨はいやだから。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

成人式 / 2004-01-12 (Mon)

何年か前から成人の日は第2月曜日になった。
ハッピーマンデー、3連休にして休日を有効に使えるようにするため。
毎年小豆粥を食べる日が成人の日ということに慣れていたから
毎年成人の日が変わるのには今も違和感がある。
もっとも、成人の日なんて新成人にしか関係がない日なんだけれど。

成人式には出なかった。
その頃はまだ学生で、下宿をしていたのだけれど
住民票を移していなかったし、実家に戻ってまで出たいとも思わなかったから。

成人式って何なんだろう?
テレビで映される映像は荒れた様子が多いから
最近はそういう感じなのかと思ってしまいがちだけれど
一般的にはどうなんだろう?
自ら出席することを選んでわざわざそんなところに出席しているにも関わらず
その場にふさわしい態度をとらないというのはなぜなんだろう?
自治体主催でする意義って何なんだろう?
未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0

柑橘類 / 2004-01-10 (Sat)

みかん、八朔、グレープフルーツ、ぽんかん、オレンジ。
柑橘系の果物は種類が多い。
果物の中で一番すきなのが柑橘類。
それぞれに味わいがあってどれも捨てがたい。

実家にいた頃、冬になると必ずみかんは家にあった。
箱で買っていたからたっぷりあって
おやつ代わりやデザートに、いくつも食べて手が黄色くなった。

子供の頃、神奈川に住む祖母の家に泊まりに行くと
お風呂上りによくオレンジを切ってくれた。
それまで食べていた柑橘類というと、みかんは別として、皮をむくのが大変だったけれど
出してくれたオレンジは、くし型に切ってあって食べやすかった。
甘い香りに優しい味、そしておしゃれな感じがした。
それが毎日楽しみだった。

だけど、今一番のお気に入りは八朔。
程よいすっぱさが気に入っている。
皮をむきにくいことと手がべたべたになることが難点なんだけど。

こうして時とともにお気に入りは変わる。
けれど、柑橘類がすきなことは今も昔も変わらない。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

数珠球 / 2004-01-08 (Thu)

日中は暖かいけれど、それでも朝はとても寒い。
田んぼのあぜの雑草は、枯れて黄色くなっている。
その辺り一面に霜が降りていて、それが朝日にあたってきらきら黄金色に輝いている。

それを横目で見ながら足早に駅に向かっている途中、何かの粒がちらっと見えた。
そのまま過ぎ去ったのだけれど、なんかひっかかるものがあって、引き返してその粒を探してみた。
ひっかかるもの、それはなつかしさ。
もう一度見てみたいと思ったから。
きっとあれは、子供の頃に採ってきて糸を通してブレスレットにした数珠球。

田んぼのあぜにはいろんな植物が勝手に生えてくる。
れんげやたんぽぽはどこにでも生えているから今でも目にすることはあるし、めずらしくない。
だけど数珠玉は、どこにでもあるものじゃなくて、毎年同じところにしか生えてこなかった。
しかも、そんなに多くない、ほんの数本。
繁殖力が強い他の雑草とはその点が違った。
その場所に行ったらあることはわかっていたから、その時期を狙って採りに行った。
あれからもう何年も見ていない。見かけない。

じっと目をこらして探してみると、短い草の間から白い玉がのぞいていた。
やっぱり数珠球。
昔採っていたのはグレーっぽくてつるつるだった気がするけれど
今回のは白くてちょっと干からびてしわしわになっていた。
数珠玉はこの季節のものじゃないから、それは仕方がないのかも。
同じものは見ることができなかったけれど、そこに生えていることはわかったから
今年の秋頃、ちょうど実がなる頃にまた探してみよう。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

初詣 / 2004-01-07 (Wed)

今日の電車はすいていた。
まだ学校が冬休みだから、学生が乗っていないせいだろう。
ひとつ早めの電車に乗ることができたから、今朝は通勤途中で初詣。
お正月は人ごみで混雑するから初詣には行ってなかった。

駅から職場まで歩く途中に有名な神社があることを、この間ニュースで知った。
よく考えてみれば、駅名にまでなっているんだから気づいてもよさそうなものだけれど
今まで深く考えたことがなかった。
せっかく付近を通っているのだから、一度行ってみることに。

神社は数人いるぐらいでとてもすいていた。
まだお正月のために設置されたお賽銭用の緑のネットが張られたままで
人が多ければそれ程気にならないものかもしれないけれど
こんなに人がいない場所では、かなり興ざめ。

今年はいい年ではないらしい。
それは前から覚悟している。
だけど、おみくじを引いたら吉。
努力次第でいい運勢らしい。
そう、やっぱり努力はしないとね。
幸運もやってこない。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

絹雲 / 2004-01-06 (Tue)

吐く息が白くなるほどに寒い夜、仕事帰りに空を見上げる。
細く長いすじ雲が何本か横にたてに伸びている。
まん丸に近い月が暗い夜空を照らしているから、雲のすじがはっきり見える。
真綿を裂いた時のように、繊細な雲の一筋一筋が光に照らされている様子は
ヒダのないオーロラのよう。
すじ雲は絹雲ともいうらしい。
今日のこの雲の様子はまさに絹。

夜に空を見上げるのは、たいてい星か月を見るため。
だけど、夜でも日中と同じように雲は存在する。
それ自身光るものではないから、はっきり見えるわけじゃないかもしれないけれど
他の光に照らしてもらって姿を見せる夜の雲もそれはそれで趣がある。

かつて、上を向いて歩いていたのは、涙がこぼれないように。
今は、空を見るために、上を向いて歩こう。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

手帳 / 2004-01-05 (Mon)

年が明けたから、手帳も新しくなった。
予定に追われる生活はいやだし、実際のところそれ程予定があるわけではないけれど
手帳はいつも持っていたい。

見開きで1週間のスケジュールを記入できるタイプが使いやすい。
そしてメモ帳ページがあるものがいい。
システム手帳が一時期はやったけれど
たくさん書くことがあるわけじゃないから、そんなかさ張るものじゃなくて
私は昔から手のひらサイズでシンプルなものを選ぶ。

気に入っているスタイルのものが見つけられないと、その1年はちょっとどんより。
去年は気に入るものが手に入らなくて、初めは使い心地が悪かった。
今年はいつもの愛用の手帳が手に入ったからちょっとご機嫌。

新しい手帳を開いて、予定を記入していく。
今年はどれぐらいの予定をここに書き込むことになるんだろう。
充実した日々を送れることを願っている。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

ささやかな始動 / 2004-01-04 (Sun)

年が明けた。2004年。
子供の頃はノストラダムスの大予言のせいで
2000年にはきっと人類が滅亡するんだと本気で思っていた。
実際のところはそんな事件は起こらなくて、今もこうして生活をしているわけだけれど
何かが起こるかもしれないと考えていたあの2000年を過ぎてから、もう4年もたってしまった。

何がしたいんだろう、何ができるんだろう?
そんなことをずっと考えている気がする。
いつまでも見つけられないことに苛立ちを感じ、周りを見ては焦燥感を持ったりする。

だけど、そんなことを立ち止まって考えるより、とにかく動いたほうがいい。
何かしていたらそのうち見つけられるかもしれない。
ずっと見つからないままかもしれないけれどその時はその時。
しばらく立ち止まって考えていたけれど、結局収穫がなかったし
そのおかげでかなり充電できたから、今年はちょっと動くことにしよう。
先々のことを考えすぎて機会を失うことのないように。
チャンスのしっぽをつかめるように。
未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0

ない! / 2004-01-01 (Thu)

夜更しのせいで遅くに起きたから、雨戸を開けた時の外の光が眩しい。
ぽかぽかと陽射しが暖かい。
とてものどかな元旦。

ふと見ると、いつも見慣れた赤い実がない。
切って活けてしまうより、そのままにしておく方がいつまでもその色を楽しめると思って
切らずにおいたお正月用の赤い実、千両。
昨日はちゃんとあったのに。
2本にしっかりたくさんの実をつけていたのに。
いつの間にか鳥に食べられてしまったらしい。

何もこんな日に食べなくても。
せめて、もう少し待ってくれたらよかったのに。
近くの南天にはまだ大振りの赤い実がいくつかついているのに。
毎日この実を見るのが楽しみだっただけに、かなりがっかり。

植えてからもう何年にもなるけれど、初めて実をつけた千両。
これから毎年きっと見ることができるんだろう。
でも、もうしばらく眺めていたかったな。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

12 << | 2004/01 | >> 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。