スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

ある夏の日 / 2004-08-03 (Tue)

明け方は涼しかったけれど 強い陽射しが痛くて暑い午前。 青い空が広がっているけれど 空の端には真っ白でもこもこの大きな雲。 今日は午後から雨らしい。 青い空に向かって長く伸びている細い枝。 先端には重くて枝が反り返るほどのたくさんのピンクの花。 華奢な姿の中にも芯の強さを感じる百日紅。 うすいフリル状のもの、それ自体を花だと思っていたら 実はそれは花びらで、細い茎状のものでがくにひとつひとつ繋がっている。 遠くから見ただけじゃわからなかった。 あんなに晴れていたのに、天気予報通り曇ってきて 空気が少し冷たくなった。 風と共に雨の香りが運ばれてくる。 きっともうすぐ雨。
【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

アセロラ玄米黒酢 / 2004-08-02 (Mon)

昨日の早起きと長旅で今日は眠い。 今年はお酢のおかげがあまり夏バテの感じはないんだけれど それでも、やっぱり暑いと体にこたえる。 そこで、以前からストックしてあったアセロラ玄米黒酢を飲むことに。 ビンに書いてある使い方を見てみると、初めから飲むことを想定してあって 「開栓後はできるだけ早くお飲みください」との注意書き。 普通なら「ご使用ください」だろうに。 飲み方にしたがって、3倍に薄めて飲んでみる。 ふむ、大丈夫、飲める。 ちょっと梅ドリンクの感じ。 薄めにしたほうが、お酢の味が緩和されてより飲みやすい。 これはなかなかいいかも。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

真夜中の月 / 2004-08-01 (Sun)

少しの疲れを感じながら急ぐ家路。 真夜中なのに、いつもよりなんだか明るい。 空を見上げると、丸い月。 今日は満月。 うっすらかかった雲のせいで、少しぼんやり滲んで見える。 台風の後の風は強くて この間までの暑さがうそのように気持ちがいい夜。 聞こえてくるのは小川のせせらぎと葉の擦れる音 そして、耳元をかすめる風の音。 大きく渦巻く風の中に私はいる。 うすい雲はいつしか強風に引き裂かれ 毛羽立つ雲の間から 顔を出した月がこうこうと私を照らす。 今なら見透かされても大丈夫。 とてもこころは穏やかだから。 なんだかとても晴れやかだから。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

遠くにいても / 2004-08-01 (Sun)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
まだ、朝日も昇っていないうちから起きて、旅の準備。 台風のおかげでここ数日暑かった気温も少し和らいでいるから 長旅中の冷房を心配して、長袖のシャツをリュックに入れた。 この辺りではもう雨の心配はなさそうで、旅先の天候にも期待が持てる。 家を出る頃には空が明るくなり始めていた。 駅のホームで電車を待つ時はいつも緊張する。 ちゃんとスケジュール通りにいくかどうか。 少しでもずれると後の行程に支障が出てしまうから。 気合を入れて電車に乗ると、通勤の時には感じられない 湿ったシートの臭いをダイレクトに感じる。 人が少ないから車内の空気は冷たい。 長袖シャツを持ってきてよかった。 今回の行き先は広島。 青春18きっぷを使っての日帰り旅行。 朝5時半発の電車に乗って広島に着いたのは12時。 なかなか長時間の列車の旅だったけれど、あまりそういうのは苦にならなくて 眠ったりぼーっと外の景色を眺めたり。 そういうのにあきたら読もうと持って行った本のお世話になることはなかった。 前日、台風が広島に上陸したから、これなら晴れるだろうと思っていたら こちらでは降っていなかった雨が、広島に近くなるにつれて強く降りだした。 改札を出たらそこには見慣れた顔。 女性はあまり変わらないものなんだろうか? さすがに大学を卒業してからもう何年もたっているわけだから 全く以前と同じとは言わないけれど、年をとったという感じはない。 いい年の重ね方をしている。 同じゼミだった人から送られて来たという年賀状を その中の一人に見せてもらったら そこには「本当に同じ年?!」と思える男性の顔。 かなりりりしいビジネスマン風。 「へぇ、こんなになってるんだ」 外見の変わっていない私達と、変わった彼と。 みんな過ごしてきた月日が有意義なものだったことがわかる笑顔。 もしかしたらつらいことがあったかもしれないけれど それを感じさせないということこそが、その人の人間性の表れ。 生きていくということは、そういうことなのかもしれない。 特別なことがあるかもしれないし、ないかもしれない。 どちらにしても、いつも何に対しても精一杯かどうか。 擦り切れるほどじゃない、自分で納得できる程度に。 そうして過ごしてきた日々に後悔はない。 たぶんそういう振り返り方はしないんだろう。 なんかちょっとすっきりして、気持ちを新たにした私は またしばらくがんばれるかもしれない。 いつもそこに、そばにいる訳じゃないから いつも何かをしてくれる、ということはないし そんなことを期待してもいないけれど 遠くにいてもこころの支えになる友人ってやっぱりいいね。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0
« 前のページ 

カレンダー

07 << | 2004/08 | >> 09
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。