FC2ブログ

スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

今さらダメと言われても… / 2005-03-31 (Thu)

「スパスパ人間学」を見ていたら 太りやすい食べ方というのを紹介していて それがなんと、ご飯を先に食べることだった。 栄養分を吸収しやすくなってしまうらしい。 本来、栄養分を吸収するということは いいことのはずなんだけれど ダイエットをする人にとってはよろしくない。 私はご飯を先に食べてしまう方だから 今まで太りやすい食べ方をしていたということになる。 なんだかちょっとショックかも。 去年の今頃、寒天ダイエットをはじめて体重は減って その後、豆乳を試したりして、最終的に5?ぐらい減った。 それなのに、冬になって増えはじめて、結局今は元の木阿弥。 いつものことだからそれはいいのだけれど ご飯からっていう食べ方はダメなのかぁ…。
スポンサーサイト
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

おかずよりご飯 / 2005-03-30 (Wed)

子供の頃、ご飯をしっかり食べるように言われた。 おかずよりもご飯。 おかずばかり食べると怒られ、食べ方までいろいろ言われた。 先におかずを口に入れるとおかずばかり食べるようになるから ご飯を先に口に入れるようにしなさいとかなんとか。 あまのじゃくの私は、おかずを先に口に入れたとしても ご飯をしっかり食べることができるということを認めさせようと思って 少しのおかずを先に口に入れて、その後たっぷりのご飯を口に入れ食べていた。 そのせいで、今でも少しのおかずでたくさんご飯を食べてしまう。 旅館の朝食はおかずが多い。 おかずというかご飯の友系のもの。 お漬物はもちろん、のり、佃煮、生卵、これに普通のメインのおかずに小鉢。 ご飯の友系のものはそれだけで食べるものじゃないから 先にご飯とそれから食べ始める。 すると、途中でご飯が足りなくなって、最後はおかずだけを食べることになる。 先日親戚の人に久しぶりに会って昼食を一緒に食べに行った。 私が頼んだのはチキンカツ。 最初はキャベツと一緒にご飯、そしてお漬物、ポテトサラダ これでご飯はなくなってしまって、お皿の上には手をつけられていないチキンカツが…。 おかずばかり食べない訓練をしたはずが 皮肉なことに最後はおかずだけを食べるようなことになっている。 私の変な食習慣。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うけれど… / 2005-03-29 (Tue)

昨日はとても暖かくて、それ程厚着をしたつもりもなかったけれど 暖房のよく効いている部屋にいると、暑くて仕方がなかった。 それで今日は薄着にしようと思っていたら 朝から風が冷たくて、やっぱりいつもと同じ服装にすることにした。 今日の仕事場は、いつもなら足元が寒いのに特にそういうことはなくて いいといえばいいのだけれど 暖かいと眠気が襲ってくるから、なかなかその辺りが悩ましい。 お昼を過ぎると、ちょうど直射日光が窓から入ってくる位置に太陽がきて 室温もだんだん上昇してきて、汗が出るほどでもないけれど なんだか暑さのせいで体がだるくて注意力は散漫に…。 でも、帰りに外へ出たら空気が冷たくて 熱のこもった体はいっぺんにシャキっとなった。 やっぱりまだ当分薄着はできないかも。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

春になると / 2005-03-28 (Mon)

暖かくなってくるとうれしいけれど、それに伴って私の嫌いな虫も飛び始める。 田舎に住んでいたから家の中をクモが歩いていたり ヤモリがごそごそしていたり、なんていうのには慣れているから 触れといわれると気持ちいいものではないけれど 勝手に歩いている分には迷惑をかける訳でもないからそれ程気にしない。 でも羽のある虫はぶ〜んと飛び回るから気になってしょうがない。 今もいつ入ってきたのかわからない虫が部屋の中を飛んでいる。 一度入ってしまうとなかなか外へ出てくれないから数日お付き合いすることになる。 さて、今日で何日目だったかな。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

ネバネバの相乗効果 / 2005-03-27 (Sun)

最近めかぶを食べている。 最初は乾燥物を使っていたけれど この間、生をスーパーで見つけたから、このところはずっとこれ。 よく洗って冷凍して、必要な分だけその都度ゆでている。 生は濃い茶色で、このままでもネバネバしているけれど 熱湯の中に入れると一瞬で鮮やかな緑色に変化して ネバネバ成分がどっと溢れ出てくる。 これを細かく刻んでいくと、それがさらに倍増する。 お魚とお肉だったら私は断然お肉派。 お魚も食べるけれど、別にそれ程すきな訳でもない。 牛乳もそのまま飲むのはすきじゃない。 だから、気を抜くとカルシウム不足になってしまう。 でも、海藻はすきだから、これでカルシウム摂取。 納豆を食べる時はあの臭いと味を緩和させるために いろんなものを混ぜているのだけれど 最近はここへめかぶも加えている。 これがなかなかおいしくて結構おきにいり。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

洗濯物はすずらんの香り / 2005-03-26 (Sat)

風の強かった朝は諦めて、お昼から洗濯を始めた。 新しい洗剤の封を開けて一匙水の中に入れると 白とブルーの顆粒が徐々に溶けていく。 あまりに寒い時は下手すると粒が溶けずに残ってしまうけれど 暖かくなった今はもうそんなこともない。 少し白濁した水の中で洗濯物がくるくる回る。 あわあわにして洗った方が汚れはよく落ちるような気がしていたけれど でも指示されている量を守るとあわはたたない。 実際あわの量と落ち具合は関係ないらしい。 たっぷりの水の中で洗濯物を洗う方がいいと思っていたけれど 生地が傷むだけで、汚れがよく落ちるということはないんだとか。 正しいと思ってやっていたことが、実はそうではなかったと後からわかることは結構多い。 新しい事実がわかったなら、そこからまた改善していけばいい。 洗濯物を干しに外に出たらそれ程暖かくはないものの まだそこそこ吹いている風は柔らかくて少しほっとする。 辺りを漂っている香りはすずらん。 洗濯物の香り。
日々のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

こんな1日 / 2005-03-25 (Fri)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
朝方、風は強いものの外は太陽の光が降りそそいでいて明るくて 今日はずっと晴れるものと思っていたら 急に真っ暗になって雪が降り始めた。 たくさんの細かい粒が風に吹かれて舞うから 周りの景色はモザイク模様。 しばらくしたらみぞれになって、そして晴れてまたくもる、その繰り返し。 夕方の空は大きな厚い雲が空を覆っていたけれど 所々にある切れ間から、時々光を感じることができた。 冬の間、太陽の沈む位置が南に寄っていたから 部屋でその光を感じることはあまりなかったのだけれど 徐々に北に移動しているから、西日が部屋に差し込むようになってきた。 これからまた夕空を見に、外に出ることが増えるはず。 夜になって空を見上げたら星が見えた。 たまに大きな雲が通るけれど、すっきりとした空が広がっていて そこには今日もくっきり満月。 桜のつぼみが膨らんでいる。 次の満月の時まで咲いていてくれるだろうか。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

アナログ生活 / 2005-03-24 (Thu)

携帯電話を持っていない。 特に必要ないから。 外で電話をかけるなら公衆電話でいいし メールをしたいならパソコンを使えばいい。 緊急の用事がないわけじゃないけれど 別にそれで損失が生じることは滅多にないから この状態が続く限り、携帯を持つことはないだろうと思う。 だから使い方がよくわからない。 たまにひとつの携帯をみんなで回して話すことがあるのだけれど 私だけ相手の声を上手く聞くことができない。 相手の声が聞こえにくいと何故か自分の話す声が大きくなる。 家でなら問題ないけれど、街中でそれはちょっと問題。 そんな姿はすきじゃないから、ますます携帯を使おうという気が起きなくなる。 大きい音が苦手だからいつもテレビの音は小さくしている。 それでも家の中は静かだからちゃんと言葉を聞き取ることができる。 でも、携帯を使う時はだいたい周りの音が気になるような状態だから 声は聞こえても言葉は聞き取れないことが多い。 みんな特に困っている様子もなくて、それが不思議だったから聞いてみたところ 声を聞きやすい携帯の持ち方があるらしい。 それは普段から使っている人にはわかるだろうけれど 使っていない私にはわからない。 以前は骨伝導の携帯と聞いて、そこまでする必要性がわからなかったけれど 確かにあったら便利かもしれない。 でもまだ私には必要ない。 技術の進歩はすごいけれど、いつも私はそれより何歩も遅れて生活している。 そういうのも悪くはないと思っているから。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

桜だより / 2005-03-22 (Tue)

ついこの間まで駅には「梅だより」が貼ってあった。 それを見れば梅の開花状況がわかるようになっていたから 特に見に出かける訳でもなかったけれど 時々眺めては、どこの梅がどの程度咲いているのか確認していた。 それが今度は「桜だより」になった。 まだほとんどの所でつぼみの状態だけれど 咲き始めている所もある。 今日電車で卒業式に出席したと思われる袴姿の人を見かけた。 小学校から大学までの卒業式のことは結構はっきり覚えている。 卒業することがうれしくて、結局一度も泣かなかった。 一番楽しくて充実していたはずの大学の卒業式も 朝から髪をセットしてもらったり、袴を着付けてもらったりして かつてない程の大イベント的な要素がたっぷりだったから もっと感慨深いものがあるかと思ったけれど、案外あっけなかった。 いつも、次の新しい生活への期待のほうが大きくて 悲しいという思いは湧いてこなかった。 卒業式の数週間後、新しい生活を始める頃になると桜は満開で それを見ながら、新しいスタートに思いを新たにして、気合いを入れていたから 今も桜を見ると、少し改まった気持ちになる。 今年ももうすぐそんな桜の季節。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

今さらだけど / 2005-03-21 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
とてもいいお天気で昼間の空は真っ青だったけれど 夕方になるとうっすらと雲が広がりだした。 明日から雨。 それにしても、6時でもまだこんなに明るい。 日が長くなった。 学生の時、正社員として働いていた時 ちゃんと祝日は覚えていた。 それは祝日=休日だったから。 それが今では毎日働いている訳でもないから だんだん祝日の有り難味というものがなくなってきて たいして気にも留めなくなってきた。 それでも、自分では覚えているつもりだった。 春分の日、ずっと3月21日だと思っていた。 それはそれで間違ってはいないのだけれど でも、昼夜がちょうど半分ずつになる日にこだわるなら うるう年と同じで多少の調節が必要になるらしい。 ということで、今年の春分の日は20日。 調べてみたら、去年も20日。 何も不思議に思わずに、20日にそんな日記を書いている。 それはきっと何も考えていなかったからなんだろう。 なんだかねぇ。 こんなことにこの年になって気づくなんて…。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

雨のまえぶれ / 2005-03-16 (Wed)

【引用始まり】 ---   【引用終わり】 ---
夕方洗濯物の様子を見に行ったら、今日はとてもいいお天気だったから結構乾いていた。 でも、厚手のものはもう少し干しておきたい感じだったから そのまま干しておいて、明日のお昼頃にでも取り込もうかと考えていた。 空を見上げたらオレンジ色できれいだったけれど、ほとんど雲がなかったから わざわざ出かける程でもないと思って、しばらくそこから眺めていた。 そうしたら飛行機がやってきて、その後に一筋の雲を残していった。 それからいくつも飛行機が通って行ったから、空には何本もの飛行機雲が。 しばらくするとそれはどんどん広がって、筋とは言えない程の幅になった。 夕焼けを楽しみにしているのは夕日に染まった空の色を見たいからじゃない。 もちろんそれも美しいのだけれど、それだけだと物足りない。 空に浮かぶ雲の色や形が刻々と変化するその様子が、より夕焼けの表情をひきたてる。 夕刊を取りに行ったら、明日の天気予報は朝早くから雨になっていて もう少し干しておくつもりだったけれど、ほとんど乾いているから取り入れてしまうことにした。 その後のテレビの天気予報では、飛行機雲は雨のまえぶれなんて事を言っていた。 飛行機雲が残らない時は晴れるんだとか。 それで夕方あんなに飛行機雲が見えたんだ。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

強い意志を感じる曲 / 2005-03-15 (Tue)

情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~の画像 情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~ 昔から頭を使うことを2つ以上同時にすることができない。 その最たるものが勉強しながら音楽を聴くこと。 リラックスするどころか歌詞が気になって気になって勉強がはかどらない。 もともと歌はすぐに覚えてしまうから 下手をすると音楽の方が記憶に残ってしまって もしそれがテスト勉強だったりすると テスト中に、思い出さないといけない勉強したことをさしおいて 聞いていた音楽が歌詞付きで頭の中をぐるぐる回る。 最近よく聞いている音楽は『情熱大陸〜葉加瀬太郎 SELECTION〜』。 友人の結婚式で聞いた「情熱大陸」のピアノのリズムがとても印象的だったから 気になってアルバムを聞いてみたらとてもよくてずっと聞いている。 この中には葉加瀬さんのバイオリン以外にもいろんな曲や歌が収録されているけれど その中で最も気に入っているのはやっぱり「情熱大陸」のlive imageヴァージョン。 最初バンドネオン(?)で始まって、その後打楽器。 ラテン系の石畳のある街角をイメージする。 とても軽快なリズムなのに陽気な感じはあまりない。 でも、力強い意志のようなものに共鳴して 私の中に眠らせてあった情熱が激しく揺さぶられる そんな感覚になってテンションが上がる。 昨日と今日、仕事をしていたら頭の中でこの曲が何度か回った。 考えている最中に音楽が流れるといつもなら気が散るけれど 幸いにして、この曲に歌詞はないからそれはなかった。 ただ、考えるスピードが曲のリズムについていけなくて、頭の中はちぐはぐに。 私の場合、仕事のある時にも音楽は聴き過ぎない方がいいのかもしれない。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

得した気分 / 2005-03-14 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
「もう一本早い電車に乗っておけば、こんなことにはならなかったのに…」ということが結構ある。 こんなことというのは、事故か信号の故障等で、電車が途中の駅で待機になってしまうこと。 問題のない時は数十分で済むけれど、下手すると30分以上待たされることもあって そんな時は、それはもう後悔する。 でも今日は一本早い電車に乗ったお陰で待機を免れた。 乗り遅れなかったから時間通りに帰ることができただけなんだけれど 一本違いで大違いだから、なんだか得した気分になった。 家に向かう途中、駅を振り返ると、さっき私が降りた電車がまだそこに停車していて その上には細い細い三日月。 これからまた丸くなっていく。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

あられ / 2005-03-12 (Sat)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
週末は荒れ模様、そんなことを聞いていたから一応覚悟はしていた。 でも、朝方は確かに風がかなり強かったけれど、その割に室内はそれ程寒くなかった。 昨日までの暖かさがまだ残っていたからかもしれない。 お昼頃、どんよりとした空模様の中、急にバラバラ音がした。 外を見ると白い小さな塊が空から降っている。 雪をギュッと固めたような粒。 外に出たら冷たい空気とあられ。 その重さが落下に速度を加えるから 小さな粒は容赦なく体に当たったり、解いていた髪に紛れ込んだり。 見た目は雪のようなのに、雪のような儚さはあまりなくて むしろ力強さを感じたのはなぜなんだろう。
感じたこと | コメント : 2 | トラックバック : 0

気になるから… / 2005-03-11 (Fri)

コンビニでお弁当を買うと「温めますか?」と聞かれるけれど、私は毎回断っている。 それはお弁当のパックがどうもちゃちくて、電子レンジの熱で溶けそうな気がするから。 パックだけじゃなくて、ラップとか中に入っているバランだってそう。 本当に耐熱温度のことを考えて商品開発されたものなのか、そこのところがとても気がかり。 友人と話していて、冷凍ご飯はおいしくないという話になった。 確かに、冷凍ご飯は炊きたてご飯にはかなわない。 でも、そういう問題じゃないような気がして ラップをかけたままレンジにかけていないかどうかを聞いてみたところ 案の定、彼女はそうしていて はずしてからレンジにかけたらかなり味は改善されたということだった。 レンジの機種によって強さはいろいろで 取り扱い説明書には耐熱温度何度以上のラップを使うよう指示がある。 だから、レンジ対応と謳っているタッパーだって 強力な業務用のレンジで使う場合には耐熱温度を満たしていないこともある。 だからそういうものを買う時はちゃんとそこのところを確認しないと せっかく買ってきたのに使えないということになってしまう。 私はこういうところは結構きっちり確認しないと気が済まない性質だから とりあえず家電製品の取り扱い説明書は一通り目を通すようにしている。 だから、必要もない機能がついているせいで分厚くなっている説明書を見ると気が遠くなる。 でも、気になるからやっぱりそれでも読んでしまうのだけれど。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

春の味覚 / 2005-03-10 (Thu)

菜の花といえば私はアブラナのことを連想するのだけれど 八百屋さんで売っている菜の花はアブラナのことでいいんだろうか? そんなことを思うのは、だいたいアブラナ科の野菜はどれも似たような花が咲くから 別のものがそういう名で売られていても気づかないような気がするから。 父は健康にうるさい人で、野菜をたくさん食べるようによく言われた。 その父が春になると畑に行って菜の花を摘んできては蒸して食べていた。 「こういう芽の部分は健康にいいから」とか何とか言いながら。 この花の中にはアブラナなんて一つもなくて どれも白菜やキャベツ、水菜、大根といったアブラナ科の野菜から芽が出たもの。 全部一緒に蒸してしまうと細かいところまでわからなくなるから どれがどれやらわからずに食べることになって それぞれの味の違いについてはわからないのだけれど。 スーパーで菜の花を見つけたから一把買ってきた。 だいたい私はこういう系はごま和えにすることが多いけれど 今日はシンプルにハムと一緒に塩コショウで炒め物。 ハムの塩味と油が菜の花に絡んでおいしい。 少し苦味があるけれど、野菜の苦味は気にならない。 そういえば、家で食べていたのもこんな感じに苦かった。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

もうすぐもうすぐ / 2005-03-09 (Wed)

【引用始まり】 ---   【引用終わり】 ---
肉厚の花びらが開き始めた。 ただ開いただけで、まだ香りはしない。 でも、条件反射で、この花を見ると、その香りにむせるような錯覚に陥る。 それだけ鮮明に記憶されている香りももうすぐ。
自然や季節のこと | コメント : 2 | トラックバック : 0

春の日 / 2005-03-08 (Tue)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
夕方雨戸を閉めていたら、オレンジ色に染まった飛行機雲がうっすらと見えたから それを見ようと家を出た。 途中、満開の白梅がとても濃厚な匂いを放っていた。 咲き始めはかすかで若々しかったけれど、だんだん濃さを増してきて 今では妖艶な感じさえする成熟した匂い。 数日後には散ってしまうその前に、存在を強く主張しているかのようで少し切ない。 あんなに待っていた春だけれど、実際その区切りを越えると 後は年末まで一気に加速していきそうな気がして 一瞬ではあるけれど、躊躇する。 すっかり太陽も沈んでしまって、空に残されたのは飛行機雲だけ。 ずっと1日ぼんやりと空が霞んでいたけれど もうこの時間になると、それすらもわからないような空の色。 でも、雲が流されて表情を変えていく様子がなんとなくよくて しばらくそこに佇んでいた。 そんなことをしていても寒くない。 それだけ今日は暖かかった。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

まさか?! / 2005-03-05 (Sat)

今年は花粉がよく飛ぶらしい。 「花粉症の人は早くから準備をしておいたほうがいい」としょっちゅう耳にする。 幸い私はまだ花粉症にはかかっていないから いつもと同じように人事のような気で聞いていた。 アレルギーの病気は結構厄介。 私もじんましんが出る体質だけれど、その原因はわかっていない。 大学に入った最初の冬、ある日突然じんましんが出た。 疲れか何かだろうと思ってそのままにしていたけれど、なかなかひかなくて 仕方がないから病院で見てもらった。 でも、出ている時は本当にひどい状態でも 病院に行く時はある程度ましになってからだし 検査にも反応がなかったから先生も対処のしようがなくて 仕方がないから一般的なアレルギー用のお薬を処方してもらった。 飲み続けていると出てこない。 でも、やめると数日経つとまた出てきてお薬再開 そんなことを4ヶ月ほど繰り返してやっと収まった。 今でも何かの拍子に急に出ることはあるけれど その都度病院に行って貰ったお薬を飲めば、あまり長期化せずに済む。 最近、風邪でもないのにくしゃみが出ることがよくある。 これってもしかして花粉症? アレルギーの病気は一度かかってしまうとなかなか完治しないだけに もうこれ以上増えて欲しくないのだけれど こういうのは突然やってくるものだし、だいたい予防法がわからないし、どうしようもない。 くしゃみをする度に戦々恐々としている。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

久しぶりに池のほとりで / 2005-03-04 (Fri)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
今日は昨日とは打って変わって空気が刺すように冷たい。 空模様も晴れたり曇ったり。 夕方になってオレンジの光がガラス戸越しに差し込んできたから カメラを持って外に出た。 写真を撮る時はファインダーを覗く。 ファインダーを通して被写体を見ると、そのままの姿を感じることができる。 液晶画面だと小さくてよくわからないし、奥行きもリアル感もない。 だから、液晶は写真を撮った後の確認作業に使うだけ。 池のほとりでカメラを構える。 さっきまではっきりと見えた太陽は雲に隠れようとしている。 空には白い雲と灰色の雲。 急速に灰色の雲が広がってきて、今にも雨が降りそうなどんより空に早変わり。 強くなってきた風のせいで池が波立っている。 まだ太陽は沈んでいないから、少しその場で眺めていようと思っていたら、雨が降り出した。 すぐに収まることを期待したけれど、そんな様子はなくて 仕方がないからそのまま家に戻った。 途中、瞬きをする度に目の前には赤い残像がチラチラ。 太陽を直視してはいけない。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

さぁ / 2005-03-03 (Thu)

いつものように幼稚園から音楽が流れてきた。 毎回同じ曲。 でも、その中に行進の時に使う感じの曲が混ざっていた。 それに合わせて、時々先生の笛の音。 ピーーーッ、ピッピ。 これはもう、行進の練習。 卒園式に向けての練習なんだろうか。 軍体調に行進させられるのはすきじゃない。 でも、行進曲はすき。 行進している瞬間もすき。 なんとなく、これから何かが始まりそうな、そんな高揚感がいい。 3月は1年の集大成をする月。 最近はそういうものがないけれど かつては私もそんなことを繰り返していたから、気分的にはそんな感じ。 でも、実際にはないことが少し寂しい。 だから、卒業する人や年度末の締めを終えた人を見ると その晴れ晴れとした表情をうらやましく思う。 そんな私も、終わりはないけれど、始まりは感じることができる。 少し暖かくなったから、久しぶりに自転車に乗って買い物に行った。 寒くないと、自転車をこぐスピードも速くなる。 風を受けて春を感じた時の気持ちは 「さぁ!」。
感じたこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

京は都 / 2005-03-02 (Wed)

芥川龍之介の本に『羅生門』というのがある。 この羅生門は平安京の門、羅城門のことを指していると習った。 東寺からまっすぐ西へ向かって歩いている途中 羅城門という字が目にとまった。 羅城門がこの辺りにあったらしい。 どんな感じか興味があって、矢印が指し示す方へ向かって歩いて行った。 平城京の正門は朱雀門。 今は復元されて立派なものが建っている。 まさかそこまではないだろうと思ったけれど 実際にその場所に行ってみて拍子抜けした。 あったのは遊具が置いてあるただの公園。 その一角にひっそりと碑が建っている。 あの平安京の正門がこんな碑一本で終わりとは。 周りが民家だからそれ以上どうしようもないのかもしれないけれど それなら、わざわざ看板まで出さなくてもいいのに。 変にあると言われるから期待するんで、ないならないで気に留めないと思うのだけれど。 でも、その場所で北に向かって立ってみたら、なんとなく平安京をイメージできて ここに清少納言や紫式部も住んでいたんだよね、なんて思ったらなんだかわくわく。 今まであまり京都市内を都と意識せずに ただ神社仏閣がたくさんある町ぐらいにしか思っていなかったけれど 都という位置づけで考えたら、観光名所がより近くに感じられるようになった。 やっぱり京都って奥が深い。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

誤差の範囲のゆとり / 2005-03-01 (Tue)

腕時計の時間はいつも2分早めてある。 この2分が私にとっては結構重要。 行動する時の基準はこの時計の時間だから 少し遅れても本来の時間には間に合う計算。 それに慣れているから、時間ちょうどの時計はなんだか落ち着かない。 目覚まし時計の設定時間は起きたい時間の30分前。 二度寝をしたいから。 一度目を覚ましてテレビの音声を流す。 その後もう一度目をつぶって、その音を聞きながら 起きているような寝ているような状態を続けて、それから起きる。 この時に本当に寝てしまったら寝坊することになるから 半分起きているということが大切。 もう何年もこんなことをしているから、滅多に寝坊することはない。 昔から朝に弱い。 すんなり起きることができない。 子供の頃はお布団の中でぐずぐずしていて何度も起こされた。 そんなだから親元を離れる時は少し心配だったけれど 一人でどうにかするしかないと思ったらなんとかなるもので どうすれば遅刻しないで済むのかいろいろやった結果 たどり着いたのがこの方法だった。 でも、寝坊もしないけれど、時間的余裕もない。 出掛けに腕時計が止まっていたから動かして 今回、針は目覚まし時計と同じように5分位早めてみた。 今日はあまり時間がない。 5分早めた時計を見ながら電車に間に合うかどうか計算する。 いつもは2分のところが今日は5分 なんとなく余裕があるような気分になるけれど、それは錯覚。 2分は誤差のうちだから時間がないならない気分のまま行動するけれど 5分は結構時間があるような気になってしまって、ちょっと気が緩む。 お陰でもう少しのところで電車に乗り遅れてしまった。 やっぱり2分に戻そう。
よしなしごと | コメント : 2 | トラックバック : 0

カレンダー

02 << | 2005/03 | >> 04
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。