スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

今年の秋 / 2006-11-24 (Fri)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
最近1週間経つのが早い。 忙しくしているうちに、気付けば11月ももうすぐ終わり。 すっかり紅葉の季節といいたいところだけれど 紅く染まった木の葉にお目にかかることは案外少ない。 公園で目にする木の葉はオレンジ色のグラデーション。 紅に近づこうとしているその色が光を反射している様子が美しい。 地面に落ちた小さな木の実をことさらにジャリジャリといわせながら 大きな木を仰ぎ見てその色を確認するのがここ数日の日課になっている。 昔から赤やピンクといったいわゆる女性の色に縁のなかった私だけれど 比較的そんな中ですきだったのがオレンジ色。 べたっとオレンジ色っていうのではなく、透明感のあるものがいい。 オレンジ色は元気をくれる。 きっとこのまま今年の秋は終るのだろうけれど 別にそんな秋もいい。 わざわざ秋を感じる何かを探しに行く必要なんてない。 だからこんな秋でいい。
スポンサーサイト
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

きらきらの星空 / 2006-11-17 (Fri)

このところ毎日何かと用事があって、久しく休日がない。 風邪をひきそうになったし、仕事中は睡魔が襲ってくるし 疲れは蓄積されているしで体調も万全ではないのだけれど 不思議と気分はそれ程悪くない。 がんばっている自分にちょっと酔っている感じ。 帰りが遅くなっても結構平気。 すきっと晴れ渡った空には星がいくつか確認できて その中にはオリオン座もあった。 秋になってからずっと探していたのだけれど、やっと見ることができた。 空にあの形を見つけると、いつもなぜだかほっとする。 流れ星を期待して、しばらく空を見上げていたら 一瞬動いたように思ったけれど、それは飛行機のライトだった。 月明かりのない夜空でちらちらと瞬く星は小さいけれど 今日はどれも鮮やかに見えた。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

無洗米 / 2006-11-12 (Sun)

新米が出回るようになってきた。 いつもはいろいろ混ぜて炊くから特にお米の味にこだわりはしないけれど せっかくだから、100%新米のものを買ってきた。 ということで、久しぶりの白ごはん。 いろいろ穀類を混ぜる場合、それぞれに洗い方が違うから 全部一緒にして一度に洗うことができなくて 普通、お米を研ぐのにそんなに時間はかからないと思うのだけれど 私の場合は10分近くかかってしまう。 そうなってくるとお米を炊くのも面倒になって ついつい少し多めに炊く癖がついてしまった。 今回のお米はいわてっこ。 はじめて食べる銘柄で無洗米。 どんな味か期待したのだけれど 炊き上がったご飯は、まぁそれなり、という感じだった。 新米はどちらかと言えばべたつくことが多いのだけれど これはそんなことはあんまりなくて、むしろぱさっとしている。 お米の粒を見てみたら、長粒米がちょっとふっくらしましたって感じだった。 香りも確かにするけれど、そんなに強くもなくてちょっと期待はずれではあったのだけれど 味よりも感動したのは洗わないで炊けるという点。 無洗米は量ったお米を水加減して炊くだけでいい。 水が冷たくなるこれからの季節にぴったり。 またひとつ手抜きを覚えてしまった。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

苦いお薬にはオブラート / 2006-11-10 (Fri)

急に寒くなってきたから風邪をひかないように気をつけていたのに エアコンの送風の直撃を受けて何やら風邪気味で気持ちが悪い。 ということでお薬、お薬。 風邪をひいた時にはパブロンと決めている。 以前勤めたところに常備していた風邪薬がそれで、それ以来のお気に入り。 その時、はじめて飲んだのだけれど そのまずさといったら、病院処方の粉末胃薬といい勝負。 でも、効き目は抜群にいい。 それまではいろんな会社の錠剤を飲んでいたのだけれど 効いているやらいないやらって感じだった。 仕事に差し支えるからひき始めの頃にさっさと治さないといけない訳で そういう時にこれは本当によく効いてくれた。 このお薬は錠剤と顆粒とあって、以前は錠剤を常備しておいたのだけれど 個包装の顆粒のほうが長期間放置されていても大丈夫ということで、今度は顆粒を買ってきた。 舌にのせると苦さをダイレクトに感じるから、できるだけ奥のほうに入れて、急いで水で流し込む。 それでもやっぱり苦い。 口の中がにがにがしてなかなかに耐え難い。 袋をよく見たら細粒と書かれている。 どうりで口の中で苦さが広がった訳だ。 できるだけ使わないようにと思っていたけれど、オブラートを使うことにした。 変なところにひっかけないように喉を潤して、それから一気に飲み込むと ツルンとそこを通っていった。 いい大人がたかがお薬一袋飲むのにオブラートに頼るっていうのは なんか弱虫っぽくていやだったんだけれど そんなやせ我慢するものでもないと思い直したら、お薬を飲むのも苦にならなくなった。 あぁ、オブラートさまさま。
よしなしごと | コメント : 2 | トラックバック : 0

赤い彗星 / 2006-11-09 (Thu)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
仕事を終えて外に出たら 暮れていく空に短く赤い線状のものが見えた。 それはその位置から動くことなく、ずっと同じ状態で空にあった。 飛行機雲の残骸が夕日に照らされて色づいているだけなんだろうか。 でも、一瞬彗星かと思った。
自然や季節のこと | コメント : 2 | トラックバック : 0

オレンジの月 / 2006-11-08 (Wed)

すっかり冷え込んだ朝 吸い込んだ息を静かに吐いたら 目の前がふわっと白くなった。 ほんの2、3日の間にすっかり季節は冬になった。 空の色は寒色系。 それでも、真夏の真っ青な空は冷たさを連想しない。 むしろその色はぎらぎらとした夏の暑さを含んでいる。 今朝の空は薄水色。 透けて見えそうな月が浮かんでいる様子はとても寒々しかった。 電車に揺られて帰る途中 真っ暗な窓の外にオレンジ色した楕円の月。 表面の模様がはっきりと見える。 なんとも怪しげな月の光。 これも寒さのせいなんだろうか。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

立冬 / 2006-11-07 (Tue)

風の音がする度に 細い枝が大きくしなる。 空はよく晴れて日差しは暖かい。 でも、なんとなくもの悲しく感じてしまうのは この音のせいかもしれない。 すきっと晴れた夜空に煌々と輝く丸い月。 すっかり冷たくなった空気の中でジッと見つめていたら うさぎが見えたような気がした。 昨日まで聞こえていた虫の声 今日はほとんど聞こえてこない。
自然や季節のこと | コメント : 4 | トラックバック : 0

冬支度 / 2006-11-06 (Mon)

11月になったというのに暖かい1日だった。 朝晩冷え込むとはいえ、日中はまだまだ暖かい日が多い。 毎年この時季、こんなに暖かかっただろうか? でも、天気予報では明日から冷え込むということで しまってあったセーターを出した。 衣装ケースを開けた時のナフタリンの香りとふわふわのモヘヤの手触りが 一気に気持ちを冬にシフトさせた。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

10 << | 2006/11 | >> 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。