FC2ブログ

スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

涼夏 / 2007-07-30 (Mon)

朝、目が覚めたのは寒さのせいだった。 梅雨が明けてからも、朝はいつも涼しいけれど 今日は明け方に大雨が降ったから、いつにも増して気温が低い。 例年、梅雨明け後の今頃はかなり暑く 去年も連日37℃辺りの気温だったのが 今年はそこまで高くはない。 もうこのまま過ぎていくのか、それとも、まだまだ暑くなる途中なのか。 すっかり日が暮れた帰り道 後ろから吹いてくる風が気持ちよくて 振り返ってしばらくそこで立ち止まる。 田んぼを渡る風の音、静かに流れる小川の音 自己主張する虫の声 みんな夜空にとけていく。 しばらくして歩き出したら 土手から昇ってきた月と目が合った。 煌々と光るその姿はやはり満月 昨日までの欠けた月より力強い。 ひまわりの花もそちらの方を向いているのは それだけその光が強いということなのだろうか。
スポンサーサイト
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

セミ採りの子供達 / 2007-07-30 (Mon)

今年はセミの当たり年かもしれないらしい。 去年だったか一昨年だったかもそうだったような気がするのだけれど。 私の感覚としては「そうなのかなぁ」って、ついこの間までは半信半疑だった。 けれど、梅雨も明けた最近は、結構すごいことになっている。 特に公園。 木で囲まれている公園のセンターに立っていると、セミの鳴き声が頭にワンワン響いてくる。 大抵は同じ波長なのだけれど、中には少し違うものもあって、それが混じるとすごい不協和音になる。 セミの声がとても近くに感じられたから、そばの木をジッと見てみたところ 確認できたものだけで3匹いた。 そんな木が何十本、うるさい訳だ。 仕事の帰りに公園のそばを通ったら、子供達が虫採りアミ片手にセミ採りをしていた。 上は5年生、下は5歳ぐらいだろうか。 小さい子は採るのはまだ難しいから、虫かご係、上の子が採ったセミをそのかごに入れる。 採ったばかりのセミをお兄ちゃんが虫かごに入れた。 そのセミは捕まってびっくりしたのか、他のセミより鳴き声が激しく、トーンも高い。 かごに入れられてもすごい声で鳴き続けていた。 すると、小さなぼくは虫かごを落としてしまった。 その拍子に蓋が開いて、中のセミは逃げてしまった。 その場にいた子供達は「あ〜、なにやってんねん」。 「だって、こわかったんやもん・・・」しょぼんとぼくが言った。 「○○ちゃん、こわない、こわない」。 髪をふたつに結っている女の子がやさしく言ったら それに続いてみんな口々に「そうや、大丈夫やって」。 男の子はそれでもまだこわさを拭いきれないようだったけれど 逃がしてしまったことに関しては、本人も他のみんなも誰も気にしていないようだった。 確かにたくさんいるから一匹逃がしてしまったところで 次をすぐに捕まえられるということもあっただろうけれど たぶん、そんなことはみんなにとってたいしたことではなかったのだろう。 上の子は下の子を気遣いながら、でも、年齢関係なく、みんなで仲良く遊んでいる そんな姿が微笑ましくて、自分の子供の頃を思い出した。 田舎では子供自体が少なく、近所には同学年の女の子がいなかった。 私の地域は小学生だけだと男女合わせて20人ぐらい。 そんなだから年齢男女関係なくみんなで遊んでいたのだけれど そういえば、私はあまり下の子に対して面倒見は良くなくて、いい上級生ではなかった。 今にして思えばこころに余裕がなかったのだろうけれど 他の子達が自然にリーダーシップをとって、みんなで遊んでいたように思う。 年齢は関係なくて、だから平等、それが普通だった。 今の子供は昔とは違うというようなことをよく聞くし、現状に触れる機会がないものだから それを真実のように思ってしまうこともあるのだけれど セミ採りしている子供達を見て、今も昔もたいして変わりがないように感じて安心した。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

夜風と虫の音 / 2007-07-29 (Sun)

日中の暑さが嘘みたいに 夜の風は涼しくそしてやさしい。 この風と虫の声さえあれば クーラーなんてなくても平気。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

腕時計の跡 / 2007-07-26 (Thu)

基本的に肌は白い方なのだけれど 一度、手の甲だけかなり焼けてしまって 長い間その色がとれずにいた。 でも、今年、長袖から半袖に衣替えした時に 腕と甲を比べてみてもそれ程焼けている感じがわからないぐらいに 白さが戻ってきているなぁ、なんて思って安心していたところ ここ数日の暑さの中を歩いていたせいか 白かった腕も少し褐色になっていた。 ほんのり手首に残っている腕時計の跡で気付かされた。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

はじまりはいつもワクワク / 2007-07-23 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
朝、セミの声で目が覚めた。 日差しは強くて空は青い。 きっともう梅雨も終わり。 これといって予定のない夏だけれど それでも、ちょうど夏休みが始まる今の時期は 何かがありそうな気分にちょっとだけなって ひとりワクワクしていたりする。 毎日こんな空だったら 楽しい夏を送れそうな気がする。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

夏の始まり / 2007-07-18 (Wed)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
台風が去った後、セミの声を聞くようになった。 仕事の時に通る京都の公園ではもうずっと前から鳴いていたのに この付近では一向にその様子がなかったのだけれど。 あぁ、やっと、という感じ。 この声を聞かないと夏は始まらない。
【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

数分間の出来事 / 2007-07-16 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
夕方、お米をといでいたら 急に手元が明るくなった。 それは、雲の切れ間から顔を出した 夕日のせいだった。 ほんの、数分間の出来事。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

阿倍野でアジアご飯 / 2007-07-15 (Sun)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
久しぶりに天王寺まで行った。 時間がなくて食事をしていなかったから、適当にどこかで食べようと探したのだけれど あまりに久しぶりで、どこに何があるのかがよくわからない。 それで、食堂街なんかを少し見てみたのだけれどなんか今ひとつ。 結局、そういうところは諦めて、目的地まで行く途中でお店を見つけることにした。 阪堺電車が通る道を南に向かって歩いていたら、細い路地の入口に小さな看板が置かれていた。 なんとなくアジアンカフェっぽい。 その看板から手作りなお店の様子が感じられたから、今日のお昼はここに決定。 天王寺とはいっても辺鄙な場所にあって、しかも休日で 近くの商店街の他のお店はほとんどお休み。 まぁ、言ってしまえば、人の集まる要素のない場所。 にも拘らず、小さなお店とはいえ、満席だった。 それで、私が頼んだのは日替わり定食。 ご飯の上に豚肉のそぼろとなすを炒めてかけたものは 予想のできる味というか、間違いのない味でおいしくいただいた。 春雨サラダといえば私自身中華風にするから これもそうなんだろうと思って食べたら甘くてびっくり。 ツナ、レタス、ピーナツ、香草の入った春雨サラダは単純な味。 たぶん、そんなにいろいろと調味料は入れていないはず。 素材の味プラス砂糖、もしかしたら隠し味に塩、酢あたりを ほんの少しだけ加えているかもしれないけれど これがなかなか箸休めにちょうどいい感じだった。 ついてくるドリンクはジャスミンティーを選んだのだけれど これがまた、少し濃い目のそぼろご飯を食べた後にさっぱりとしてよかった。 ご飯を食べて、さぁ、出発、と思って席を立ったら、急いで店員さんがやってきた。 そうそう、デザートがあったのだった。 ということで、小鉢に入った杏仁豆腐。 本当の杏仁豆腐って本格中華のお店に行かないとなかなか食べられない。 大抵は香料でそれっぽくした寒天ゼリーみたいなものが出てくる。 あれを杏仁豆腐と言ってはいけない。 この間、「本当の杏仁豆腐って最近食べてない」なんて話をしたところだったから 今回も寒天ゼリーなんだろうと思って食べてみたところ 杏仁がふんわり香って舌触りなめらかクリーミーな、それはまさしく本当の杏仁豆腐だった。 そのお店の名前は遠東。 調べてみたら、結構人気のあるお店なんだとか。 無難なところで手を打たなくて良かった。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

過ぎ去った後 / 2007-07-15 (Sun)

昨日は1日ずっと雨。 でも、それも真夜中過ぎごろまでのことで それ以降は風も雨もなく 空を流れる雲も ところどころに切れ間がある程だった。 そして、朝起きたら、窓から久しぶりの日の光。 たぶん台風はもう過ぎた。
【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

明日晴れて欲しいから / 2007-07-14 (Sat)

台風が来ている。 それもかなり大型の。 それを知らせるために 珍しく消防署の車が回ってきた。 でも、雨も風もそれらしくない。 普通の雨降りと何らかわらない。 これからひどくなるんだろうか。 なんかちょっと拍子抜けのような けれど、ちょっと安堵感もあったりして。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

謎の光 / 2007-07-13 (Fri)

台風が来ているから、という理由だけではないようだけれど このところ、毎日のように雨が多かれ少なかれ降る。 去年に比べるとまだ少ないとは思うけれど こう毎日うっとうしい日が続くといやになってくる。 ただ、湿気が結構ある割りに体にかかる負担が少ないのは 気温がそれ程高くないからかなんだろう。 しとしと降る雨の中を歩いていると 遠く向こうの山の頂辺りから白いもやが立ち上っているのが見えた。 それは光に照らされて、暗い夜空にうっすらとその姿を現している。 あの辺りにはいったい何があるんだろう。 くっきりと浮き出ている山際を見ていると いつもより幾分明るいその光の正体がますます気になった。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

さくらんぼ / 2007-07-09 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
さくらんぼのお裾分けをいただいた。 その名も佐藤錦。 今まで、いろんな果物を食べてきているけれど これは初めて。 お値段が庶民的ではないから こんなことでもない限り口にすることはないと思われる。 さくらんぼにはあまり縁がなかったけれど 真っ赤な缶詰チェリーならいろんなところに入っているからよく食べる。 今日もお弁当に入っていたのだけれど とても同じものとは思えない味だった。 いったいどんな加工をしたらあんなことになるんだろう。 それでも、子供の頃はあれで十分嬉しかったのだけれど。 春になると咲く桜の実がさくらんぼ、実はずっとそう思っていた。 いつも春になると眺めながら通っている並木の桜の花が終った後 実がなっている様子を見た事は一度もないのに 花が散る時に一緒に柄も落ちている様子を見ているのに その辺で咲いている桜にもさくらんぼはできるものだと思っていた。 今回、佐藤錦を食べていて、そういえば、ソメイヨシノのさくらんぼ見たことないなぁ なんて、今さらながらに思ったのだった。 それで、調べてみたら、桜には花桜と実桜があるということがわかった。 以前、桜の花と梅の花ではおしべの長さが違って それが短い桜のほうがきれいに見える、なんてことを思ったのだけれど 実桜は梅のようにおしべが長く、本数も多かった。 実を成すための自然の原理に納得。 初めて食べた佐藤錦、小さいけれどその割にはずっしりで皮はぷりぷり。 お味は上品な甘さに少しの酸味がいい感じに爽やかで ついつい手が伸びて、器のさくらんぼはすぐになくなってしまった。 洗ってまた追加する? いえいえ、こういうものはいっぺんにたくさん食べてはいけない。 明日の楽しみにとっておこう。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

岩盤浴でデトックス / 2007-07-03 (Tue)

いろんなことがひと段落ついたので、ちょっと息抜きということで 以前から気になっていた岩盤浴を体験してきた。 仰向け、うつぶせ、左右の横向き、それぞれ10分ずつ トータル40分間、岩盤の上にタオルを敷いて寝転ぶ。 サウナより暑くないからか、そんなにすぐに汗は出てこなかったのだけれど 時間が経つにつれて、じわじわと滲み出てきた。 ただ、もっとぼとぼとになるのを想像していたから 案外そうでもなくて、ちょっと拍子抜け。 その後にはゲルマニウム温浴と岩塩浴。 お水を飲みながらタオルの上でゴロゴロ。 ゆっくり呼吸を繰り返していたら、最終的には結構な発汗量 なんとなく悪いものが外に出たような気分になった。 その後にはお風呂。 汗だくの時に入るお風呂は気持ちがいい。 ジェットバスとか電気のお風呂とかいろいろあって とりあえず、片っ端から入ってみた。 サウナもあったから入ったところ、確かに高温で汗がすぐに吹き出てきたけれど 暑くて長く入っていられるものじゃないし 体にすごい圧力がかかっている感じが体に悪そうで 最初は物足りないと思った岩盤浴だったけれど そっちの方が体への負担もなくいいということがわかった。 さすがにいくつも入ると疲労感があって、しばらくの間はふらふら。 でも、ここは漫画や雑誌が置かれていて、自由に読んでいいことになっているので お風呂の後は、しばらく漫画の本を読んで帰ってきた。 今もまだ疲労感はあるのだけれど、でも、肌がすべすべになったように思う。 肩こりも少しだけましになったかな? これで冷え性なんかも治るんだろうか? 1日ゆっくりデトックス、こういうのもたまにはいいかも。 しかし、体脂肪率、5年前に測った時より4%も増えていた。 体重が減っても素直には喜べない。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

懐かしいアニメソング / 2007-07-01 (Sun)

最近ちょっとYouTubeの使い方がわかってきた。 ほとんど見ているのはアニメ関係なのだけれど その中で、昔々のロボットアニメの歌ばかり集めているのを見つけて 1980年代のものだけでもトータルで1時間以上もあるのだけれど 見始めたら止まらなくなった。 「あー、そういえばそんなのあった」とは思うのだけれど 肝心のストーリーが思い出せない。 でも、オープニングのイントロを聞いたら 例えテロップが出なかったとしても歌えてしまう歌の多いこと。 我ながら驚いてしまった。 あの頃は、普通の歌謡曲もすきだったけれど アニメの歌も結構いいのが多くて 番組自体は見ていなくても 歌だけテープに録ったりしていたのだった。 久しぶりに昔のアニメの映像を見て 「あぁ、やっぱり昔の雰囲気」と思う反面 それでも、今よりもラインや色の感じはなめらかで 人間味がある感じがするのは私だけだろうか。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

06 << | 2007/07 | >> 08
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。