スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

向かい風 / 2007-12-30 (Sun)

今日は常時風が強い。
突風が吹く度に音が聞こえてくる。
そんな中、自転車で出かけた。
手袋をせずに。

コートの袖口から風が中に入ってくる。
向かい風は容赦ない。
進む速度が遅くなる。
耳の後ろが痛くなる。

そういえば、向かい風を受けながら学校に通った昔は
冬になるといつもこんなだった。
あの頃は「もう少しの我慢」そう思いながら自転車をこいでいた。

久しぶりに思い出した。
向かい風の感触。
スポンサーサイト
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

サンタのいないクリスマス / 2007-12-24 (Mon)

今年はいつにも増してクリスマスの感じがしない。
それは、繁華なところに出て行かないから感じられないだけなんだろうか。
少し前まではクリスマスといえば
どこもかしこもクリスマスっていう飾り付けで一杯だったように思うのだけれど
私がウロウロしている辺りにはそういうのがほとんどない。
スーパーでさえ、クリスマスっぽくないのはどうしたことか。
でも、実際、テレビの番組にもクリスマスらしいものが少ないし
そういうことになってきているのかもしれない。

一時期はやった本来の趣旨とは違う日本人的クリスマスの過ごし方はすきではなかったから
あまり世間でクリスマスクリスマス言われるのもいやなんだけれど
これだけ素っ気ないとそれはそれで物足りなくも思う。
こんな日はサンタさんが出てくるような映画やアニメが見たい。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

未成熟 / 2007-12-22 (Sat)

いつものようにスタバに行った。
コーヒー苦手の私に合う飲み物はどれだろうかと
いろいろ試して行き着いた先はチャイだった。
今日はそこにミルクを入れてはちみつたっぷり。
それとフルーツモカスコーン。
いつも席が一杯で、空いていても普通の椅子席なのだけれど
今日は珍しくソファが空いていてゆっくりくつろぐことができた。

とりあえず、今日で一区切り。
思うような成果は得られていない。
だから、とりあえず。
たぶん、今はひとつの角度からしか物事を見ることができていない。
それを、他の角度からも見ることができるようにする。
そのためには、熟成期間が必要。
そんなことを話しながら反省会。

なんとなく、見えているものはあるのだけれど
それを形にできないもどかしさ。
でも、まぁ、仕方ないか。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

スパークリングワインとDVDで / 2007-12-21 (Fri)

友人のクリスマスプレゼントを買いに大阪市内まで出かけた。
クリスマスプレゼントというか結婚祝いというか。
結婚したお知らせはずっと前にもらっていたのだけれど
なんか、お知らせをもらったからお祝いを送りました、みたいなのがいやで
「結婚祝い」にしなくてもプレゼントができるクリスマスの時季に贈り物をすることにした。

それで、何がいいか考えて思いついたのがワイン。
お酒を飲めない私がワインを贈るというのもなんなのだけれど
クリスマスの夜に、二人で彼女が作ったオードブルをつまみつつ
ワインを飲みながらDVDなんかを見て過ごしてもらえたらいいな、と思って。

学生の頃、私はよく彼女の部屋に行っていた。
コーヒー好きの彼女はよくドリップしたコーヒーを淹れてくれたのだけれど
それが苦くなくて香りもよくて、コーヒーが苦手な私にもおいしかった。
彼女といったらそのコーヒーのイメージ。
二人でテレビを見ながらそれを飲んで、いろいろ話をしたものだった。
学祭とか合宿とか、そんな特別のものじゃなく
普段の生活の中のひとコマに過ぎないのだけれど
でも、それがとても楽しかったし
それは私にとっては特別な思い出としてこころに残っている。
だから、そういう何気ないひと時を楽しんでもらえるものを贈りたくて
クリスマスということでスパークリングワインを選んでもらった。
自分で選ぶことができればいいのだけれど、さっぱりわからないから
私のイメージと彼女の好みを伝えて、お店の人にお任せした。
もし相手の方がお酒を飲めない人だったらどうしよう?なんてことも考えて
小さなワインとオードブルセットにしようかとも思ったのだけれど
ワイン好きな人ならそれじゃ物足りないし、などと考えて
結局、フルボトルのスパークリングワインにした。

ワインの味、白は甘い辛い、赤は薄い濃い、そう表現するらしい。
白が辛くて赤が甘いと思っていた私って・・・。
お料理に合わせて飲むなら辛口の方がいいらしい。
私がおいしいと思うのはアイスワインとか甘いスパークリングワインだけれど
確かにお料理とは合わないかも。
ジュースとお料理って合わないし。
普段は自分の選ぶ自由を奪われるようなところがあるから
あまりお店の人に相談することはないのだけれど
今日はいろいろ教えてもらって勉強になった。
そう、私は聞く時は徹底的に聞く。
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0

歌舞伎初体験 / 2007-12-19 (Wed)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
仕事の取引先の方からチケットを頂いて、歌舞伎を見に行ってきた。 「吉例顔見世興行」で、歌舞伎を見たのは今回初めて。 テレビでチラッと見た事はあったけれど、ちゃんと最初から最後まで見た事はなかった。 そんなちょっとかじっただけの知識で、難しいものだと勝手に決めつけていた。 けれど、今回見に行って、決して難しいものではないのだということを知った。 言葉遣いはもちろん現代語とは違うけれど、NHKの大河ドラマと大差ない。 笑いがあって涙があって、なんというか、昔々にテレビで見た藤山寛美さんの人情喜劇のような感じ? 四幕あって、そのひとつひとつが1時間近くと、実に内容が濃くて 勧進帳とか義経千本桜とか話は知らなくてもどこかで聞いたことのあるいかにもな演目で 歌舞伎初心者には比較的わかりやすいものだったと思う。 10時半開始ということで、仕事の時と同じ時間に家を出て 京都の高島屋でお昼ご飯を調達し南座へ。 正面から見た感じは小さな建物。 小さな商店が並んでいる中にそれは建っていて 以前からどのような作りになっているのか気にはなっていた。 今回初めて中に入ってみたところ 正面から受ける印象そのままに、実際それ程大きくない建物だった。 1階は客席が20列しかなくて そのお陰で一番後ろの席であっても、役者さんの顔がよく見えた。 一番端の席だったとしても、花道はそれ程遠くない。 やはり大きなホールのようなところだと 後ろの方の席になってしまうと役者さんの表情がよく見えないから 頼りになるのは声だけということになってしまうけれど 小さければ表情もちゃんと見ることができるから 五感をフルに使って役者さんが表現したいものを感じ取ることができる。 ラジオじゃないんだからやっぱりそういう細かなところも見たいと思うし だからこそ、劇場というものはそこそこ小さく作られているのかもしれないと 以前、劇団四季を見に行った時にも思ったのだった。 今回、客席は3階まであったけれど さて、3階でもちゃんと表情まで見ることができるんだろうか。 10時半に始まって、終ったのは4時近く。 だからお弁当が必要なんだと納得した。 でも、幕間は15分とか25分とか。 その間にお弁当を一気に食べるなんてちょっと無理。 常連さんと思しき人達はそこのところをよくわかっているからか ちょっとした時間にささっとトイレに行ったりお弁当を食べたり。 そういうのを知らないから結構あたふたしてしまった。 帰りに喫茶店に寄ってみんなでひとしきり見終わった感想を話して帰ってきたのだけれど こんなに1日たっぷりと楽しめるものだなんて、見に行く前は思っていなかった。 これならまた行ってもいいかも、とは思うけれど、なかなかにいいお値段。 そんなものを、いくら余っていたからとはいえ、どうして私達にくれたんだろう?
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0

あごにキツイ食べ物 / 2007-12-18 (Tue)

朝、ドーナツを食べようと口を開けたら
あごがはずれそうになった。

普段からあまり大きく口を開けることができない。
それで別に困ることってほとんどないから自覚がないのだけれど
奥歯を抜く時とか、分厚いものを食べる時とか
そういう局面に直面した時に「そうだった」と思い出す。

それなりに口の運動をしてからなら何とかなるのだけれど
ずっと口を動かしていなかった状態から急に動かすと
たいして開いてくれない、ということになる。

電車の中吊り広告でマクドナルドのメガマックを見た。
あれはいったい何センチあるのだろう。
どうやって食べるものなんだろう。
おいしそうではあるけれど、とっても食べにくそうなんだけど。
よしなしごと | コメント : 2 | トラックバック : 0

ほうれい線 / 2007-12-12 (Wed)

寒い中歩いていたから、顔がこわばったのだろう。
けれど、自分ではどんな表情をしているのかなんてわからない。
職場に着いてから鏡を見て驚いた。
ほうれい線がはっきりくっきりと顔に刻まれていて
プラス10歳は老けて見えた。
若くないのは自覚しているけれど
これはちょっと何か対策を講じなければ。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

にんにくにくにく / 2007-12-10 (Mon)

これから怒涛のお仕事週間が始まろうとしている月曜日 一番みんなが仕事に集まる日を探したら今日ということで 週の初めであるにも関わらず忘年会となった。 食べに行ったのは焼肉。 しかも、いかにもな焼肉屋さん。 こういうことでもない限りほとんど行くことはない。 大勢で行ったお陰でいろんな種類のお肉を食べることができて みんな大満足だった。 まず最初に頼んだのが生レバー。 レバー独特の臭みはなかったけれど やっぱり私は苦手かもしれない。 その次はタン塩と塩ダレをたっぷり揉みこんだお肉数種類 その後はいわゆる甘辛の焼肉のタレに漬け込んだカルビやハラミ等を。 どれも柔らかくて濃い目の味で、白ご飯が欲しくなった。 この間、少しだけお酒を飲んで頭が痛くなったから、今日は大人しく麦茶で。 締めはビビンバやクッパ。 もうこの頃になるとみんなお腹一杯って感じだったのだけれど 結構底なしの私は残ったご飯をひとりでさらっていた。 もう、本当においしくてよかったのだけれど、問題は帰り。 1次会だけだからまだまだそんなに遅くない時間。 塩ダレはつぶつぶにんにくがたっぷり入っていたし 店内は焼肉のかおりが充満していたし 明らかに焼肉に行ったでしょう、という臭いを放出している訳で…。 一応、全部丸洗いできる服で行ったから 服に染み付いた臭いは落ちるだろうけれど 体の中から発散されるにんにくの臭いはどうにもならない。 でも、明日の仕事が心配とみんな言いつつ この忘年会に参加したメンバーで一緒に仕事なのだから そういう意味では安心かな、ということで。
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0

きっと人生損をしている。 / 2007-12-07 (Fri)

これからいろいろと忙しくなる予定。 とりあえずその第一弾。 お鍋を囲んでの忘年会があった。 場所は居酒屋で、大部屋が障子で仕切られて、各グループの空間が確保されていたのだけれど 上の部分までそれはなかったから、私達は誰もたばこを吸わなかったにも拘らず 紫煙に燻された、という感じで、全身たばこ臭をぷんぷんさせて帰ることになった。 こんなにたばこの煙を吸ったのは久しぶり。 飲み放題のコースだったけれど、飲めない私はソフトドリンクをいろいろと頼んだ。 普段は無難な烏龍茶にすることが多いのだけれど こういう時はちょっと珍しいものを頼みたくなる。 けれど、飲み放題のソフトドリンクってそれ程充実していなくて どちらかというと、チューハイのラインナップの方がソフトドリンクよりジュースみたい。 それは何もこの居酒屋に限ったことではなくて、スーパーで売られているチューハイを見ても 「こんな味のジュースがあれば・・・」と思ってしまうような感じのものがいろいろあって 最近のチューハイ市場はうらやましい限りな状態。 味だけを考えるとどれも実においしそう。 それで、ほとんど飲めないのだけれど、興味惹かれるものがあって 何年かぶりに抹茶ミルクのチューハイを頼んでみた。 甘くて飲みやすく、みんながジュースというのも頷ける味。 けれど、若干舌にしびれる感じが残る。 今日も二口三口、2cm程度飲んだところで顔が赤くなって 頭の後ろ辺りに鈍い痛みを感じ始めた。 そう、チューハイは味的には問題ないのだけれど 確実にアルコールが入っているから油断してはいけない。 せっかく頼んだのだけれど、結局それだけしか飲めなかった。 以前、グラスに一杯だけだったのに飲んで大変なことになったから それからは全くといっていいほど飲んでいない。 楽しくお酒を飲めないなんて なんか人生損しているような気がする。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

YouTubeでカラオケ / 2007-12-04 (Tue)

久しぶりにYouTubeを利用して これまた久しぶりの歌の数々を検索して聞いた。 実に懐かしい。 歌詞カードなんてなくてもほとんど歌えるものばかりで 夜中にも拘らず一緒に歌ってストレス発散。 おひとりさま、全然大丈夫なんだけれど カラオケボックスひとりっていうのは さすがに気が引けてやったことがない。 しかし、当然だけれど、歌っている人達みんな若い。 そうだよね、何十年も前だもんね・・・。 ちなみに、歌ったのはアニメソングを中心にJ-POPをいろいろと。 『めぞん一刻』の主題歌だった村下孝蔵さんの『陽だまり』があって感動。 『初恋』より私はすきなんだけれど、どうして私がいいと思う歌ってたいしてヒットしないのかな。 これ、カラオケであんまり見ないんだよね。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

プルプルツルン / 2007-12-03 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
和菓子をいただいた。 和久傳のれんこん菓子、西湖。 笹の葉に包まれたそれは わらび餅のようにプルプルで喉ごしツルン。 和三盆の甘みが程よくておいしい。 渋いお茶が飲みたくて 今日は熱めのお湯で緑茶を淹れた。
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

有効期限 / 2007-12-02 (Sun)

お店のポイントカードをいくつか持っている。 大抵期限なしだから期限を気にしたことはほとんどない。 今日、新しくポイントカードを作った。 急に気になって、改めて今持っているカードを調べてみたところ やっぱりあった。 有効期限は12月1日。 それはミスタードーナツので270ポイント。 私のすきなシナモンクルーラー3つ分。 最近ちょっとご無沙汰していたから、有効期限に気付かなかった。 そっかぁ…。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

Ŭ / 2007-12-01 (Sat)

うまくいかなくてどんよりすることの多かった妹に、よく言っていたことがある。 「どうして自分に向いていないところに向かっていくのか。 向いていないのだから上手くもいかないだろう。 もっと自分の適性を見極めること。 向いていないにも拘らず、それにどうしてもこだわりたいなら それ相応の覚悟はするように」。 何でも楽なほう楽なほうへ向かっていくのもどうかと思うけれど でも、やはり適性というものはあって どんなにがんばってもなかなかものにならないことがある。 だから、ズルイかもしれないけれど、そういうところを考えて 向いていないことは敢えてしない、そんな感じで過ごしてきた。 そのお陰か、いろいろと苦労したこともあったにはあったけれど トータルで見たら、そういうのも含めて、無難に過ごしてきたように思う。 そうなんだけれど、最初は向いているのかどうなのかわからなくて 始めてみて、あぁ、向いていない、そう思うことがある。 でも、途中でやめる訳にもいかず、仕方ないから最後までやる その典型が車の教習だった。 あれは本当に苦行以外の何物でもなかった。 なんとか免許は取ったけれど、今はただの証明書でしかない。 興味があって始めたことが上手くいかなくて 途中から向いていないかもしれないと思い始める。 けれど、それは本当に向いていないからなのか、そう思うのはただの逃げなのか そこのところの見極めは難しい。 でも、見極める必要なんてないのかもしれない。 興味があってやりたいことなら、例え進み具合は今ひとつでも 時間があるなら納得できるまで努力すればいい。 ある域を越えた時、新しく見えてくるものがあるかもしれない。 そうは思うのだけれど、さすがにダメダメな状態が続くと 続ける意義がわからなくなって、自分自身で混乱してくる。 いつ以来だろう、こんなに進歩ない状態に身を置くのは。 あーぁ、って自分に溜息をつきながら見上げた空は とても澄んでいてたくさんの星が見えた。 その中のオリオン座に向かって誓う「うん、まだがんばる」。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

11 << | 2007/12 | >> 01
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。