スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

スモーキーなお茶 / 2008-05-28 (Wed)

京都にある有名なお茶屋さん、一保堂。
今まで玉露が有名という認識でいたのだけれど
いり番茶というお茶が最近注目されているのだとか。

実は、番茶は飲んだことがない、そう言ったところ
京都で暮らした経験があるなら一度は飲んでいるはず、そう言われたのだけれど
普通お茶を出す時に、これは番茶です、なんて言わないから
たとえ飲んでいてもそれとはわからない。
ちょっと興味がわいて、機会があれば買ってみようと思う、と言ったら
ちょうど一緒にお仕事をしている人が一保堂の本店近くを通るということで買ってきてくれた。
200gで370円、他のお茶に比べて実に安い。
有名店とは思えない価格にびっくりした。

紙の袋に入ったその匂いはとても強く、部屋の中に置いておいただけで
部屋中その匂いが充満するほど。
本店のお茶だからいりたてだったのかもしれない。
袋から出してまず驚いたのがそのパリパリ感。
葉がそのままの形で入っている。
誰かが枯葉のよう、と表現していたけれど、まさにそんな感じ。
飲んだ感じも香ばしいというよりはスモーキー。
わらを焼いた感じに似ていると思った。
普通のお茶よりも賞味期限が2ヶ月と短いのは
この匂いが飛んでしまうからなのかもしれない。
これからたくさんお茶が飲みたくなる季節。
たっぷり沸かしてガブガブ飲もう。
スポンサーサイト
食のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

探せばまだある / 2008-05-27 (Tue)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
いつも通っている道 もう何度目かの春だから どこでどんな花が咲くのか どんな風景を見せてくれるのか すっかり知っているから 例えそれが以前見た時とてもきれいだったとしても 例えそれが去年と全く同じものではないとわかっていても だいたいの感じで予測できてしまうところが つまらなくもあったりして 何か新しいことないかなぁって思いながら歩いている。 そうしたら、見つけた。 プロペラの形をした種。 道端に植えられているその木はあまりに自己主張していなくて 今まで気に留めていなかったのだけれど この種は違った。 この木、楓だったんだ。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

朝のヘビーローテーション / 2008-05-26 (Mon)

リフレクティアリフレクティア
(2008/01/23)
eufonius

商品詳細を見る


日差しが強くなってきた。
少し前まであんなに厚着していたのに
今ではコットンシャツ1枚で十分。
それでも、寒くなった時のことを考えて
もう1枚持って行くようにはしている。

本当は日傘をささないといけないのだろうけれど
行きも帰りも太陽を背にして歩くから
直接顔に光があたることがないということで
数年後に後悔することになるのかもしれないと思いつつ
まだささずに歩いている。

最近、歩きながら口ずさんでいるのは『リフレクティア』。
さわやかな5月にピッタリのメロディーで
青空の下、きらきらの緑を目にしながら歌っているととても気分がいい。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

ただの勘違い / 2008-05-23 (Fri)

最近、人の話を聞きながら「どうしてそんなことでいちいち怒るんだろう?」と思うことがよくある。
そんな時はなんとなく思い込みで怒っているような感じがするから
「もしかしたら、こういう理由でそうなったのかも」とか
「そんなつもりはないんじゃないかなぁ」とか、その聞いた限りの情報を基に
怒りの対象となっているところを擁護するような発言をいくつかしてみるのだけれど
そんなことで怒り主の怒りは収まらない。
そういうことを何度か繰り返すうち「私ってあまり怒らない性質なのかも」なんて
思ったりしていたのだけれど、実は違うことに気が付いた。

先日、朝の電車が遅れた。
私が乗る時間帯の電車は通勤時刻を少し過ぎているから
下手をすると乗り継ぎがとても悪くなってしまう。
そして、乗り継ぎがうまくいかなかった場合、最悪はタクシーを使うことになるのだけれど
そんなことを考えながらアナウンスを聞いていたら腹が立ってきた。
最初、8分遅れるということだったのが、次に聞いた時は内容が変更になっていて
それは「皆様に電車の遅れと運行の変更をお知らせ致します」
なんかそんな感じのはじまりだった。
運行の変更というのは、私がいつも乗っている電車が目的地前で折り返し運転になるというもの。
8分だけの遅れならなんとかなるのだけれど
いつもの電車だと目的地まで行けないということなのだから
その次の電車まで待たないといけないということで、更に遅れることになる。
限りなく最悪のパターンに近い。
私がこんなにも迷惑を被っているにも拘らず、最初の言葉がお知らせって・・・。
確かに、遅れた原因も、そのせいで遅れている状況も駅員に非はないし
アナウンスの最後は「お詫び申し上げます」で締めくくられていたのだけれど
真っ先に「お詫び」という言葉がなかったことに怒りを覚えた。

その後、遅れてきた電車に乗って、乗り換え駅を猛ダッシュで移動して
なんとか最悪のパターンは回避したのだけれど
呼吸で痛い心臓を意識しながら苦笑してしまった。
猛ダッシュしていたのは大学生と思われる若者数人だけで
それに混じって走っていた私に対して
そして「怒らない性質」なんて勝手に勘違いしていた自分に対して。
あれは、ただ単に私の怒りポイントでないことに怒っている人達に
共感できていなかっただけだったんだと今なら思う。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

凛とした空気と赤いもけもけ / 2008-05-21 (Wed)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
いつもより少し早く家を出た。 今日はよく晴れているけれど 空気はまだひんやりと冷たい。 朝は起きられないから苦手だけれど この凛とした空気感はすき。 駅の近くで見つけた赤いもけもけ。 スモークツリーと言うらしい。 このふわふわの感じもすき。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

帰り道 / 2008-05-20 (Tue)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
なんだか最近頭の中で何かがゆらっと揺れるような感覚になることがあって もしかしたら病気かなぁ、なんて思いながらも放置していたのだけれど その原因はこのところの暑さのせいではないかという気がしてきた。 もともと貧血だから、夏場になると立ちくらみするようになる。 毎日歩いているせいかふくらはぎの辺りも張っている。 肩のこりもかなりひどいし、そろそろ疲れが溜まってきているのかもしれない。 そんな日々の中、通勤途中目にする金糸梅の花や タイサンボク、いちじくの匂いに癒されている。 今日、帰り道で見つけたのはフェンスから顔を出しているピンクの花。 これはバラかな?
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

私のすきなもの / 2008-05-20 (Tue)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
青い空に白い雲 すけるような緑 私のすきなものばっかり。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

予測不可能 / 2008-05-17 (Sat)

私は基本的には飽きっぽい性格だと思う。
お稽古事とか勉強とか、趣味や自分の裁量に任されることに関しては
同じことを長く続けていられない。
それは時間、期間共に。
けれど、仕事のように上からの力で任されることに関しては
慣れて真髄をつかむまで時間がかかったりして
始めてから飽きるまでの時間は長いかもしれない。
そして、飽きてもしばらくはなんだかんだと理由をつけて
私なりの使命感を持って続けてしまうから
結果、それなりに一度はじめたことは続けることになっているように思う。

この間、茂木健一郎さんの番組を見ていた時に、若い女性が「飽きる」ということに関して質問をした。
その内容は「男性と付き合っても3年ぐらいで飽きてしまうのだけれど・・・」という物だったのだけれど
茂木さんの回答は「飽きないようにするには自分が努力しなければならない」というようなことだった。
「いろいろと新しい面を探していけば飽きない」ということは
何も男女のことに限らず、何にでもあてはまることで
「なるほどなぁ」と思ったのだった。

大学を卒業して以降、自分で動かない限り何の変化も起こらない生活になった。
振り返ってみると、まぁ、それなりにいろいろとやってきたのかもしれないと思う。
好奇心はない訳ではないけれど、それに任せてすぐに行動できる程に勇気はない。
そんな訳で、何をするにも腰が重いのだけれど
私がやってきたことをいろんな人に話すと、結構驚かれたりするから
それぐらいでちょうどいいのかもしれない、と思ったりもする。
新しいことを求めてすきあらば飛び立っていこうとする自分と
それをとどまらせようとする自分が今も戦っている。
数年先、私はどうしているのか、自分でも予測できない。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

平等… / 2008-05-12 (Mon)

今月は仕事の量が多いということで、毎日出勤している。
別に、私は毎日仕事に行くことに躊躇はない。
けれど、人手が足りなくてそうなるのならいいのだけれど
どうもそういう訳でもないらしく、そこのところがなかなかに悩ましい。

かつてに比べてスタッフ数が増えたから
頭数で仕事の数を割ると、たぶんかつてよりも仕事量は減るのだろう。
けれど、やはりそこは今まで携わってきた人の熟練度が考慮されるから
単純にそうはならない。
大量に人が必要な時にだけ声がかかる人にしてみれば
もっと仕事はあるだろうに、どうしてこんなに回数が少ないのか
ってことになるのはよくわかるのだけれど、それを聞く度に
それなりの量の仕事を回してもらっている私は居心地悪く感じてしまう。
そんなことなら、私の分を減らしてもらっても全く問題ないとさえ思うのだけれど
でも、雇い主からすれば、単純作業ではないのだから
同じ時給なら、慣れている人の方がいいに決まっている。
だからといって、毎回そんなことの繰り返しだと、なかなか慣れる域までいかない訳で。

ただもらった仕事のことだけを考えて
こなしていればよかった昔が懐かしかったりする今日この頃。
本来、こんなことで私が気に病む必要はないのだろうけれど…。
思うこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

英語字幕で韓国ドラマ / 2008-05-06 (Tue)

コーヒープリンス1号店 DVD-BOXIコーヒープリンス1号店 DVD-BOXI
(2008/07/25)
コン・ユ、ユン・ウネ 他

商品詳細を見る
コーヒープリンス1号店 DVD-BOX IIコーヒープリンス1号店 DVD-BOX II
(2008/08/22)
コン・ユ、ユン・ウネ 他

商品詳細を見る


最近、どうもテレビが面白くない。
ドラマでは次が待ち遠しくなるようなのがなかなかないし
バラエティーに至っては、長く見ていられなくてすぐチャンネルを替えている状態。
ということで、パソコンで動画を見ることが多くなった。
著作権のことを考えると、あんまり推奨されるものではないのだろうけれど。

それで、GW中にはまって見ていたのが韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』。
テレビが面白くないと言っておいてなんなのだけれど
テレビで放送されていたのをちょっとだけ見て面白かったから
仕事で普段見ることはできないし、何より、最終回は5月末頃ということで
それまで待つのもなぁって思ってネットで探したのだった。
といっても、動画配信されていたオリジナルは韓国語。
英語の字幕付きのものがあったから
仕方がないのでそれを見たのだけれど、それはもう時間がかかった。
1時間ものが17話、英語の字幕なんてそうそう速く読めないから
しょっちゅう一時停止して、意味がわからなければ辞書を引いて考えて
普段の私ではありえない、という感じなのだけれど
登場人物がとても魅力的だったからちょっとがんばった。

ストーリーは男の子と間違われてしまった女の子がそれを正す機会を失って
ズルズルとそのままにしておいた結果
恋愛が絡んでいろいろと話がややこしくなっていくというお話。
主人公とその彼のやりとりがとても微笑ましくて、もちろん最後はハッピーエンド。
この手のお話は穏やかに見ていられるから安心感があっていい。
最近、特にこういうのすきかも。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

04 << | 2008/05 | >> 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。