FC2ブログ

スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

夏の終わりに / 2008-08-31 (Sun)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
8月の終わりは夏の終わり。 私の中ではそういうことになっている。 明日からは秋。 夏の思い出はきれいさっぱりと過去になる。 もうすぐ、またひとつ年をとる。 この日には毎年そんなことを考える。
スポンサーサイト
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

すずかぜ / 2008-08-30 (Sat)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
すきな季節は春。 寒い日々から開放されていくその過程がいい。 でも、風だったらやさしく吹く春風より 今、この季節のすずしい風のほうがいい。 やさしいより、ちょっとぴりっと気を引き締めてくれる そんな感じのすずかぜが心地いい。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

すでに… / 2008-08-25 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
最近よく目にする絹糸のような雲。 ついこの間までよく見かけていた積乱雲は滅多に見なくなった。 本当に、ついこの間までそこにあったのに。 夏の面影のない、けれど、優しい色した空は 人を感傷的にする力がある。 確かに、例年8月の後半から朝夕涼しくはなるのだけれど 今年は日中も案外涼しい。 6月になってもずっと長袖だったくらい暑くなるのが遅くて 今度は涼しくなるのが早いとなれば 当然、「いかにも夏」なぎらぎらした日々は いつもより短くなってくる。 特別に何かがある訳でなくても 夏独特の高揚感を持つことはできるから それにのっかって過ごしていたら あっという間に終ってしまった、という感じで 実にあっけない。 でも、いろんなことがフルスピードで過ぎていくから こんな気持ちに囚われてしまっても、きっと少しの間だけ。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

秋の気配 / 2008-08-23 (Sat)

朝晩涼しくなった。
日差しも少し優しくなった気がするし
肌に感じる空気も秋の気配。
真夏と同じ格好でうとうとしたら風邪をひきそうになって
そろそろ夏の終わりが近いことを嫌でも感じさせられてしまった。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

青の季節 / 2008-08-15 (Fri)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
今日もひとしきり雷が鳴って雨が降ったけれど その後には何事もなかったかのように 穏やかな夕暮れがやってきた。 沖縄で見たあの透明な青 それを思い出させるような深い青色に変化していく空。 夏にこの色に出会えると特にうれしくなる。 それはこの季節になると青色が恋しくなるから。 夏は青の季節。
【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

白龍 / 2008-08-14 (Thu)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
青い空を白い龍が飛んでいる そんな感じの雲がとても気持ちよくて ジリリと照りつける太陽も気にならなかった。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

人生2度目 / 2008-08-13 (Wed)

私にしては珍しく、体にピッタリフィットしたTシャツに
インディアンコットンのティアードスカートという服装で友人に会いに行った。
普段ゆったり気味のメンズのトップスが多いからか
2ヶ月ぶり位に会った友人は開口一番にこう言った。
「痩せた?」。

私にとって、夏場は確かに痩せるシーズンなのだけれど
最近は残念なことにそれほどでもなくなりつつある。
というか、貧血なんだから痩せている場合ではなかったりするし。
そんな訳でいつもと変わらないことを説明したら
「そんなに体薄かったっけ?」
なんてことを言われて、ちょっと喜んでいる自分がいた。

お盆だからか梅田の地下街も人が少なくて
友人と2人並んでゆっくりと歩いていた。
ふと誰かが後ろから急ぎ足でやってくる気配がした。
その人はそのまま私に激突してきて
その拍子に私は隣の友人に当ることとなった。
ちょっと肩に当ったという程度ではなく
それは目掛けてやってきたという感じで
次の瞬間体を横にずらし、今度は腕を当てていった。
一瞬のことで、友人も私も「何、あれ?」って感じだったのだけれど
思うにあれは新手の痴漢ではなかったかと。

昔々、普段着ないタイトスカートをはいて
満員電車の先頭車両に乗った時にも痴漢にあった。
やっぱりゆったりふんわりな服装のほうがいろんな意味で安心なのかも
なんてことを再確認した日だった。

よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

夏の風物詩 / 2008-08-12 (Tue)

ツクツクボウシが鳴き始めた。
この声を聞くと、夏が終わる感じがする。
もう8月も半ばだしね。

ペルセウス座流星群、今年は13日が極大とのこと。
夜中に外に出て見てみたら
空一面にひつじ雲が浮かんでいた。
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

今日の収穫 / 2008-08-11 (Mon)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
毎日暑い。 ちょっと動いては汗だくになって ザパッと顔を洗ったりなんかして過ごしている。 よく、手に汗握るって言うけれど それは掌にってこと。 でも、こんなに暑い時、掌に汗はかかない。 気付いたら、手の甲に汗が滲んでいる。 どうしてなんだろう。 もっとも、それは私の場合と言うだけで 他の人もそうなのかどうなのかわかんないんだけど。 今日も夕涼みに。 夕立、来ないのかな。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

リラックス / 2008-08-07 (Thu)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
寝不足が続いている今日この頃。 集中力が落ちているのを感じる。 せめて空でも見てリラックス。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

それはエンジェルのような / 2008-08-06 (Wed)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
小降りの雨の中、池のほとりに立っていた。 雷の音も時折かすかに聞こえるくらいで 辺りには静寂が戻りつつあった。 少し緩んだ雲の隙間から光が見える。 それはほんのりと雲を色づかせていた。 夕焼けという点においては別段たいしたものではなかったように思う。 けれど、所々に凹凸のある淡いベージュ色の雲に少し滲んだピンク色の感じから ルーベンスのエンジェルの絵が思い出されて また別の意味で穏やかな気持ちになった。 大荒れに荒れた雷雨の後のひと時。
空のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

サラウンド / 2008-08-06 (Wed)

雨が降っている。
草木に当る、地面に跳ね返る
その雨音が心地いい。
時々空が光って、しばらくしてくぐもったような音がする。
もっと大胆に、もっと豪快に
そんな雷を期待したしばらく後
すっと光が落ちてきて、バリリッと大きな音がした。
それからは四方八方で空がちらちらと揺れて
それと同時に地面も揺れるほどの大音響。
やっぱり家で味わう雷って最高!
自然や季節のこと | コメント : 0 | トラックバック : 0

声をかけられた。 / 2008-08-02 (Sat)

【引用始まり】 --- 【引用終わり】 ---
夕方になっても 風が吹いても 最近はそんなに涼しくない。 それでも日中に比べればかなりましではあるのだけれど。 今日も池まで出かけてみたら 一面の夕焼けが迎えてくれた。 不意に声をかけられた。 「きれいな夕焼けですね」。 「本当に」。 そう返した先のその人は どうやら牛乳屋さんで営業中のようだった。 今まで何度もここには来ているけれど 知り合い以外で声をかけられたのははじめてだ。 そして、自分から見知らぬ人に声をかけることもない。 でも、悪くはない、そう思った。
よしなしごと | コメント : 0 | トラックバック : 0

カレンダー

07 << | 2008/08 | >> 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。