FC2ブログ

スポンサーサイト / -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |

法隆寺 / 2003-09-10 (Wed)


temple


法隆寺に行ったのは久しぶりだった。
高校の社会見学で行って以来。
その時は、春の特別拝観期間で救世観音を見ることができるということで
歴史の先生がその貴重さを力説していたのを覚えている。
でも、救世観音には魅力を感じていなかったから
実際に現地に行っても、それとは思わずに見ていて
じっくり見ている友人に「仏像好きなの?」なんて聞いていた。
彼女は貴重だから見ていただけだったんだけど。

そんな私だけれど、日本史は得意科目だった。
奈良時代は結構好きだった。
だから、法隆寺は行ったことがなかったので楽しみにしていた。
夢殿を模したと言われている八角堂が家の近所にあって
写生で何度か描いたことがあったから、実物を見たいとずっと思っていた。
法隆寺の隣にある中宮寺
そこに安置されている弥勒菩薩も見たかった。
中宮寺と京都の広隆寺の弥勒菩薩はよく教科書にのっているけれど
その木の具合と顔の優しさが好きだった。
その時のことは夢殿と弥勒菩薩の記憶しかなくて、ほかの事はたいして覚えていない。

私は結構極端で、好き嫌いがはっきりしている。
というか、興味のないことにはとことん冷たい。
だから、美術館や博物館に行っても興味のある分野を見始めるとかなり時間がかかる。
でも、興味のない分野はさっさと通り過ぎる。
今まで博物館で最も長く滞在したのは台湾の故宮博物館で4時間ぐらい。
展示数にもよると思うけれど、ここはほとんど全てじっくり見たような気がする。
中国の宝物はなぜかホッとする。
掛け軸、書、篆刻、陶器、どれをとっても見ていてあきない。

二度目の法隆寺は良かった。
派手さはないけれど、山に囲まれた中に静かにたたずんでいるその姿は美しかった。
京都はいい。けれど、奈良もいい。
それぞれに違ったよさがある。
京都がみやびなら奈良はわびさびかな。
いらないものをそぎ落とした簡潔な美。
昔からこんな風景に馴染んできたからほっとする。
出来事 | コメント : 0 | トラックバック : 0
コメントの投稿
非公開コメント

September 11 «   » 友人
trackback
trackback ping : http://coolbreeze3.blog.fc2.com/tb.php/149-6d53459a
« next   prev »

カレンダー

11 << | 2018/12 | >> 01
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Moon


CURRENT MOON

lunar phases

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

miki

Author:miki

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。